トヨタ ヤリスクロス[2020年8月-]【いま新車で買えるクルマカタログ】価格/装備/走りの3拍子が揃った、コンパクトSUVのベストセラー

トヨタ ヤリスクロス

●文:月刊自家用車編集部

ヤリスクロス:最新値引き額/納期情報(2024年7月)

  • 車両本体目標値引き額:16万円
  • 納期の目安:6か月以上
  • リセール予想:B-

認証問題の不正の影響で2024年6月下旬に出荷を停止。現時点では販売もストップしている状況だ。

もっともその前から納期は遅れ気味で、ガソリン車もハイブリッド車も6か月以上を目安としていたが、今回の販売停止の影響で納期はさらに遅れてしまう可能性が高い。

商談時のライバルは、キックスやWR-Vが競合相手になるが、圧倒的な人気を背景に、販売スタッフの反応は少し薄め。商談がある程度進んできたら、資本系列の異なるトヨタディーラーを競わせる“同士競合”は絶対にやるべし。付属品を含めた値引き額が20万円以上となったら特上クラスだ。

ヤリスクロス:モデル概要

ベースとなったハッチバックのヤリスと比べると、車両重量は100kg以上重くなるが、ヤリスの弱点だった後席と荷室のスペースを拡大したこともあって、実用性を大幅に強化。さらにこなれた価格設定もあって、2020年8月のデビュー以来、爆発的に売れ続けているモデルだ。

パワートレーンは、1.5LのガソリンNAと1.5Lのハイブリッドの2タイプを設定。ハイブリッド車は電気式CVT、ガソリン車はCVTが組み合わされる。どちらもベースエンジンに高出力/省燃費に優れた3気筒のダイナミックフォースエンジンを採用したこともあって、このクラスとしては卓越した性能が与えられているが、とくに燃費性能は、他のライバル勢の追随を許さない高い実力を持つ。ハイブリッド車はもちろん、ガソリン車でもリッター20km前後の燃費を叩き出すことが可能だ。

ヤリスクロス:スタイリング&パッケージ

トヨタ ヤリスクロス|スタイリング
トヨタ ヤリスクロス|スタイリング

【トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド Z(2020年8月モデル)】 ●全長×全幅×全高:4180×1765×1590mm ●ホイールベース:2560mm ●車両重量:1190kg ●パワーユニット:1490cc直3DOHC(91ps/12.2kg-m)+モーター(59kW/141Nm) ●トランスミッション:電気式CVT ●WLTCモード総合燃費:27.8km/L ●ブレーキ:Fベンチレーテッドディスク/Rディスク ●サスペンション:Fマクファーソンストラット式/Rトーションビーム式 ●タイヤ:215/50R18 

ヤリスクロス:インパネ内装&シート

トヨタ ヤリスクロス|インパネ

トヨタ ヤリスクロス|内装
トヨタ ヤリスクロス|内装

後席スペースが拡大したことで、ハッチバックのヤリスよりも実用性は1ランク以上アップ。撮影車は上級グレードの「Z」。中央にDA(ディスプレイオーディオ)が配置されるなど、基本レイアウトはヤリスと共通だが、高さ奥行きに余裕を持たせてシートやメーターなどを変更することで1ランク上を主張している。

ヤリスクロス:パワートレーン

トヨタ ヤリスクロス|パワートレーン
トヨタ ヤリスクロス|パワートレーン

新世代のGA-Bプラットフォームを採用することで、抜群のシャーシ性能を持つことも大きな強み。高速長距離から街乗りまで安定した走りを楽しむことができる。動力性能も燃費性能もハイブリッド車が優れているが、ガソリン車も内燃機エンジン車としてトップ級の実力ということも見逃せない。

ヤリスクロス:モデル変遷

[初期型] 2008年8月:ヤリスクロス発売

トヨタ ヤリスクロス|2008年8月

HYBRID Z(2WD)

パワートレーンは1.5Lガソリン車と1.5Lハイブリッド車を選択可能。駆動方式はFFと4WDを用意。グレードはガソリン車が4タイプ、ハイブリッド車が3タイプを設定。当時の月販目標台数は4100台とされていた。

[新グレード追加] 2022年7月:GRの“走りの味”をプラスした「GR SPORT」と、アグレッシブさを強調した「Z “Adventure”」を追加

トヨタ ヤリスクロスGR SPORT

ヤリス クロス GR SPORT。フロントのフォグベゼルやリアディフューザーを専用意匠としたほか、ラジエーターグリル(アッパー・ロア)、リアバンパーロアカバーには、GRの‘G’をモチーフにしたスポーティーなメッシュタイプへ意匠変更。専用18インチアルミホイール(切削光輝/センターオーナメント付)、及び、GR SPORT専用エンブレムを採用している。

一部改良に伴い、2つの個性が異なるグレードを追加。

まず1つめは、TGR(トヨタ ガズー レーシング)が展開するスポーツカーシリーズ・GRのエッセンスが注がれた「GR SPORT」を追加。専用内外装による差別化のほか、ボディ剛性強化/足まわりのチューニング/パワートレーンの改良により、走行性能も向上している。価格はガソリン車が236万7000円、ハイブリッド車が275万円、駆動方式はFFのみ。

2つめは、専用バンパー(フロント/リヤ)/ルーフレール(シルバー)/専用シート表皮(合成皮革[サドルタン]×ツイード調ファブリック[ブラック])を装備した「Z “Adventure”」を追加。

トヨタ ヤリスクロスGR SPORT

「GR SPORT」。専用シート表皮のスポーティシートを採用。内装の加飾は、グロスを抑えたダークメタリック塗装にすることで差別化されている。

トヨタ ヤリスクロスGR SPORT
トヨタ ヤリスクロスGR SPORT

「GR SPORT」。フロア下とロアバックにブレースを追加することで剛性を強化。ほかにも専用サスペンションの採用などで、よりスポーティーな特性にチューニングされている。

トヨタ ヤリスクロスZ “Adventure”

ヤリスクロスZ “Adventure”

トヨタ ヤリスクロスZ “Adventure”

ヤリスクロスZ “Adventure”

[最新型] 2024年1月:一部改良を実施。内外装の変更と安全装備の充実が図られた

トヨタ ヤリスクロス

GR SPORTを除くグレードは、アッパーグリルのパターンをよりSUVらしくした力強いデザインに変更。ほかにも最新のディスプレイオーディオが搭載されている。

また、トヨタセーフティセンスも最新仕様にアップデート。プリクラッシュセーフティの検出対象範囲を、交差点での出合い頭時の車両や自動二輪車に拡大されている。

価格は190万7000円~315万6000円。

  • 新型バイクカタログ[日本車|クラス別]
    大型スポーツツーリング|大型スーパースポーツ|大型ネイキッド|大型ヘリテイジ|大型アドベンチャー|大型クルーザー|大型スクーター|普通ミドル|普通ミドルスクーター|普通軽二輪|普通軽二輪スクーター|原付二種|原付二種スクーター|原付一種|原付一種スクーター|電動バイク
  • 新型バイクカタログ[日本車|メーカー別]
    ホンダ|ヤマハ|スズキ|カワサキ
  • 新型バイクカタログ[外国車|メーカー別]
    ドゥカティ|BMW|トライアンフ|ハーレーダビッドソン|インディアン|KTM|アプリリア|MVアグスタ|モトグッツィ|ビモータ|ファンティック|ロイヤルエンフィールド|ハスクバーナ|レオンアート|SWM|ベネリ|マット|フェニックス|GPX|イタルジェット|ベスパ|プジョー|ランブレッタ|SYM|キムコ