ホンダ 新型ステップワゴン、ティザーサイトにて登場を予告! 2022年1月7日にオンラインイベントを開催

2022年春、ホンダのミドルミニバン「ステップワゴン」がフルモデルチェンジすることがティザーサイトを通じて発表された。現時点で判明している情報は限られたものになるが、その内容を紐解いてみたい。

●文/まとめ:自家用車編集部(ハラ)

6代目となる新型は、大ヒットを記録した初代&2代目路線に原点回帰

ティザーサイトで公開された画像は数点レベルだが、多くのユーザーの目を惹き付けるのは、新型を真横から撮影したカットだろう。ボディ全体を四角く仕上げた塊感溢れるスタイリングは、道具に徹したキャラで大ヒットを飛ばした初代&2代目に近いイメージで、最近のミニバンでよく目にする流麗な雰囲気を持つモデルとは明らかに異なる印象だ。

公開された新型ステップワゴン(6代目)のフロントマスク。現時点では標準スタイルの「AIR」なのか、エアロ仕様の「SPADA」なのか、は明らかにされていないが、四角を意識したライト&グリルデザインのおかげもあって落ち着きのあるフロントマスクであることが予想できる。 [写真タップで拡大]

初代ステップワゴン

[写真タップで拡大]

1996年に発売された初代ステップワゴン。広いキャビン空間を武器に乗用ミニバンというジャンルを開拓した功労モデルとしても名高い存在だ。 [写真タップで拡大]

2代目ステップワゴン

2001年に登場した2代目ステップワゴン。エクステリアは大ヒットを飛ばした初代モデルのイメージを受け継いだキープコンセプト路線が採用されていた。 [写真タップで拡大]

充実の内装仕立て&機能装備も見所。1ランク上のミニバンを目指す

当然のことだが、1BOX型ミニバンの強みを活かした広大な室内パッケージは健在。ホンダ独自のセンタータンクレイアウトのおかげもあって、フラット床面&天井までの室内高も十分に確保された、使い勝手の良いキャビンスペースを実現している。

装備関連も通信連携ナビを搭載した大画面車載ITユニットやフル機能版のホンダセンシング、SOSコールなど最新ミニバンにふさわしい内容が盛り込まれているが、従来型との違いを感じるのはセカンドシートのタイプ設定。

2−2−3の7名定員車と2−3−3の8名定員車が用意されるが、7名定員車にはオットマン仕様のセカンドシートも用意される。公開された室内画像を見る限り、従来型以上に室内意匠を豪華に仕立てた最上級グレードが用意される可能性が高い。

ホンダはワゴン型ミニバンのオデッセイをラインナップしているが、このモデルは2021年内で生産を終了することが発表されている。オデッセイはセカンドシートにオットマン付きのプレミアムシート装着車を設定しており、これがプレミアムミニバンを求めるユーザーから高く評価されている。ステップワゴンは、オデッセイが担っていたプレミアムミニバンという役割を引き継ぐことも期待されているのだ。

新型ステップワゴン キャビン

新型ステップワゴンのキャビン。多人数乗車も難なくこなせる十分な広さと高さを持つキャビンスペースの魅力は健在だ。 [写真タップで拡大]

新型ステップワゴン 前後シート

2−2−3の7名定員車には、オットマン付きのセカンドシート装着車も用意される。前後左右のスライド機構も備えるなど、シートのアレンジ性も高まっていることが予想できる。 [写真タップで拡大]

パワートレーンは最新仕様のe:HEVの搭載が有力

ティザーサイトにはe:HEV車とガソリン車が設定されることが記載されているが、その詳細は不明。ただし、最近のホンダ新型車の流れからすると、e:HEV車もガソリン車も従来タイプをベースに最適化された最新ユニットが搭載されるのは確実だろう。e:HEV車には2リッターガソリン+モーター、ガソリン車にはシビックで高く評価される1.5リッターターボユニットの搭載が有力だ。いずれも従来型を超える動力特性が与えられることで、幅広い速度域で扱いやすく走れるはずだ。

発売は2022年春。宿命のライバル、トヨタ「ノア&ヴォクシー」との戦いにも注目

すでにステップワゴンの現行型の生産は終了しており、現在は少数の在庫が残っているだけの状態だ。新型は2022年1月7日に概要が発表されたあと受注が始まり、実際の納車は春からというスケジュールになる可能性が高い。

ちなみに宿命のライバルといえる、トヨタの新型ノア&ヴォクシーも来年1月の発売が予定されており、すでにティザーサイトも開設されている。その詳細はステップワゴン以上に明らかにされていないが、TNGAプラットフォームへの刷新やフル機能版のトヨタセーフティセンスの採用など、これまで出し惜しみしていた最新メカニズムが投入されることで、飛躍的な進化を遂げるのは確実だ。

ここ数年、落ち着いた動きだったミドルミニバンだが、きたる2022年はステップワゴンとノア&ヴォクシーが投入されることで、大きな注目を集めるのは間違いないだろう。

新型ノア&ヴォクシー

1月に発売が予定されている新型ノア&ヴォクシーもティザーサイトをオープンしている。12月10日の時点では1枚の画像のみと内容は乏しいが、新型のフロントイメージを垣間見ることができる。左がノア、右がヴォクシーになる。 [写真タップで拡大]








※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報