【2022ニューモデル最前線】6代目となる新型は”売れている時代”のステップワゴンに原点回帰を目指す!

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

四角いハコを意識したスタイリングにブラッシュアップ

ミドルミニバンの中で”3強”と目されている、トヨタ・ノア&ヴォクシー、日産・セレナ、ホンダ・ステップワゴンの3つのモデル。いずれもデビューからそれなりの年月が経過していることもあって、最近の動きは大人しめに推移していたが、来たる2022年に3モデルとも新型にフルモデルチェンジされる。

注目のミドルミニバン3モデルのうち、いち早く新型の情報が発信されたのは、ホンダ・ステップワゴンだ。現時点では数点の画像と簡単な紹介文が特設ティザーサイトにアップされているレベルだが、それらをじっくりとチェックしていくと、新型の大まかな概要が朧気ながらも見えてくる。

まず注目したいのはボディパッケージの変化。キャビンスペースが稼げる1BOX型ボディは不変だが、前後バンパーやボンネット先端に丸みが感じられた現行型に比べると、四角い”ハコ”のようなイメージが強まっている。これは空前の大ヒットを飛ばした初代ステップワゴンを連想させるスタイリングと言えるだろう。ちなみに現行型の大きな特徴の一つであったリヤゲートの横開き式ドア「ミラクルオープンドア」は廃止される模様だ。

キャビンで目を惹くのは、オットマンを備えるセカンドキャプテンシート。ブラックを基調とした意匠のおかげもあって、現行型よりも1ランク上に仕立てられた印象だ。ホンダは2021年内でオデッセイの生産を終了することを予告しているが、新型ステップワゴンにオデッセイの特徴の一つであった快適なオットマンシートを与えられたことから分かるように、オデッセイの顧客層を取り込む使命も与えられるようだ。

ちなみにパワートレーンや装備機能の詳細は明らかにされていないが、強力ライバルたちと互角以上に戦える内容が与えられるだろう。正式発売は2022年春が有力。まだディーラーでは予約も始まっていないが、ミドルミニバンを検討しているユーザーは、新型ステップワゴンの詳細な内容を確認してから決断することをオススメしたい。

ヘッドライト

ボディ全体を四角く仕上げた塊感溢れるスタイリングは、道具に徹したキャラで大ヒットを飛ばした初代&2代目に近いイメージ。標準ボディの「AIR」とエアロボディの「SPADA」の2タイプが用意されるなど、ユーザーの趣向に合わせて選び分けができる模様だ。 [写真タップで拡大]

シーケンシャル&デイライトを内包する3連タイプのLEDライトが、上級グレード向けに用意される模様。柔らかみを感じる現行型の顔つきに比べると、新型は精悍なイメージが強まっている。 [写真タップで拡大]

▼キャンビン

新型ステップワゴンのキャビン。多人数乗車も難なくこなせる十分な広さと高さを持つキャビンスペースの魅力は健在だ。 [写真タップで拡大]

▼ディスプレイ周り

ディスプレイモニター

ディスプレイモニターはダッシュ前面に配置。最近のホンダ車に採用されている通信連携タイプのHonda CONNECTディスプレーがOPで選べだ。シフトレバーが廃止され、その代わりにセレクタースイッチが配置されていることも分かる。 [写真タップで拡大]

フロントコンソール下にシガーソケットとUSB端子(タイプAとタイプC)を配置するほか、左右のフロントシート裏面とサードシート左右側にも充電用のUSB端子が配置されるなど、多人数乗車時を配慮した設計も見所の一つ。 [写真タップで拡大]

▼シート

シート

2-2-3の7名定員車には、オットマン付きのセカンドシート装着車も用意される。前後左右のスライド機構も備えるなど、シートのアレンジ性も高まっていることが予想できる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報