アメリカン・ホンダモーターが「Acura Precision EV Concept」をモントレー・カー・ウィークで世界初公開

ホンダのアメリカ現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州)は現地時間2022年8月18日(木)、今後のAcuraのデザイン方向性を示すデザインコンセプトである「Acura Precision EV Concept(アキュラ・プレシジョン・イーブイ・コンセプト)」を世界初公開した。

●文:月刊自家用車編集部

Acuraブランド初のEV量販モデルの名称も発表

アメリカ・カリフォルニア州のモントレー半島に世界中からビンテージカーやクラッシックカーが集まる祭典、モントレー・カー・ウィーク(Monterey Car Week)にて公開されたこのコンセプトモデルは、今後の電動化時代におけるAcuraデザインの方向性を示したモデルとなる。

パワーボートの造形にインスパイアされた流麗で力強いフォルムが特徴で、EVらしく開口部がないノーズ部にはLEDで光る新しいダイヤモンド・ペンタゴン・グリルを、また鋭角でシャープな形状のデイタイムランニングライトや「パーティクル・グリッチ」と呼ぶ独特のパターンを前後の造形やホイールに配している。カリフォルニアの強い日差しに合わせて最適化されたマット塗装の「ダブル・エイペックス・ブルー」特別塗装も特徴的だ。

また同日、2024年中に北米で発売を予定しているAcuraブランド初のEV量販モデルの名称が「Acura ZDX(ズィーディーエックス)」となることも発表した。Acura ZDXは、Acura Precision EV Conceptのデザインを具現化する最初のモデル。ゼネラルモーターズ(GM)の「アルティウム」バッテリーを搭載したGMとの共同開発モデルとなり、Type S(タイプエス)も設定される。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報