カヤバがサポートするTEAM JAOSが世界一過酷な北米オフロードレースに参戦

カヤバ(KYB)がサスペンションの技術サポートをしているTEAM JAOSが、世界一過酷な北米オフロードレースであるBAJA(バハ)1000に参戦するために活動を開始した。

●文:月刊自家用車編集部

TEAM JAOSの活躍に注目!

BAJA1000とはメキシコ バハ・カリフォルニア半島で開催される北米大陸最大級のオフロードレース。約1,000マイル(約1,609km)を一気に走りきる過酷なレースであり、車体はもちろんのこと、各パーツにもハイレベルな性能が要求される。今回「モーターランド野沢」で走行テストが行われ、TEAM JAOSのサスペンションエンジニアとして、カヤバ株式会社 AC事業部サスペンション事業部 技術部 田中一弘氏が参加。下記の動画では走行シーンやインタビューが視聴できる。

TEAM JAOSの詳細は下記のリンクからも確認できる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報