新世代アイサイトに、日本仕様では初となる広角単眼カメラ搭載! SUBARU新型「CROSSTREK」 が世界初公開

新型「CROSSTREK」(日本仕様プロトタイプ)

SUBARUは2022年9月15日に、新型「CROSSTREK(クロストレック)」を世界に先駆けて日本で初公開した。新型クロストレックは、コンパクトなボディ、SUBARU独自のシンメトリカルAWDをベースとした本格的なSUV性能、ラギッドでスポーティなデザインを組み合わせ、都会からアウトドアシーンまで幅広く活用できる多用途性を体現する、クロスオーバーSUVだ。

●文:月刊自家用車編集部

気になるの日本市場への導入は2023年以降を予定

第3世代となる新型では、SUBARUはこれまで市場によって使い分けていた「CROSSTREK」「SUBARU XV」の車名を、グローバルで「CROSSTREK」に統一。これまでの個性的なデザインをさらに際立たせ、動的質感もより一層磨きをかけた。また、新世代アイサイトと広角単眼カメラを、日本仕様として初めて採用し、高い安全性能を実現している。

「アウトドアやアクティビティにチャレンジしてみたい」「いつでもどこにでも自由に行きたい」「これまで以上に満ち足りた時間を過ごしたい」そんな気持ちを後押しする『とことん使えて、頼りになる相棒』と呼べるクルマに仕上げられている。新型CROSSTOREKは、日本市場への導入(2023年以降を予定)を皮切りに、順次世界各国市場にて導入される予定だ。

<エクステリアデザイン>

サイドビュー
タイヤ・ホイールサイズは、フロント225/60R17、リヤ225/55R18。 [写真タップで拡大]

フロントビュー 
シャープさを感じさせるフロントグリルバーやLEDヘッドランプにより、軽快かつ精悍なイメージに。 [写真タップで拡大]

リヤビュー 
キャビンを絞り込むことでフェンダーの張り出しを強調し、安定感を表現。  [写真タップで拡大]

<インテリアデザイン>

インストルメントパネル 
マルチマテリアルの多層構造とすることで、各素材の風合いを活かした、シンプルでありながら表情豊かなインパネデザイン。 [写真タップで拡大]

マルチメディアシステム 
11.6インチセンターインフォメーションディスプレイの大画面がもたらす使い勝手の良さや、先進的ですっきりとしたデザインはそのままに、スマートフォンとの連携機能を大幅に強化。 [写真タップで拡大]

インテリアバリエーション 
上級グレードには、ファブリック(シルバーステッチ)。標準グレードには、トリコット(シルバーステッチ)を採用。メーカー装着オプションとして本革シートも設定。  [写真タップで拡大]

<パッケージング&ユーティリティ>

荷室スペース
従来型同等の大きな荷室開口部と必要十分な荷室容量を確保。6:4分割可倒式リヤシートによって荷室を自在に拡張することで、大きな荷物や長尺物の搭載もできる。 [写真タップで拡大]

ユーティリティ
リヤゲート下部のトリムやサイドシルプレートに、山をモチーフとしたテクスチャーを採用、滑り止めやキズを防止してくれる。また、サイドシルプレートは形状を最適化、ルーフに荷物を載せたり、屋根を拭き上げるために足をかける際の安定性を考慮。 [写真タップで拡大]

室内空間
従来型同等のゆとりある室内空間を実現。広い室内空間は、あらゆる体格のドライバーが最適なドライビングポジションを取ることができる。さらに長距離ドライブ時も、乗る人全てが疲れにくく、ゆとりある移動時間を提供するよう工夫されている。 [写真タップで拡大]

<安全性能>

デジタルマルチビューモニター
4つのカメラ映像を合成して車両周囲360°を映し出す3Dビュー/トップビューを採用し、車両周囲の視認性が向上。また、画面表示には新採用のセンターインフォメーションディスプレイを使用し、従来型のマルチファンクションディスプレイより大きく高精細な画面で、見やすさと使いやすさを高めている。 [写真タップで拡大]

フルLEDハイ&ロービームランプ+LEDコーナリングランプ(SUBARU初)
ハイ&ロービームランプ、ポジションランプに加えターンランプもLED化。さらに交差点での右左折時などに進行方向を照らす、LEDコーナリングランプをSUBARU車として初めて採用。夜間の視認性を向上させている。 [写真タップで拡大]

広角単眼カメラ(SUBARU日本市場初)
低速での走行時に二輪車/歩行者を認識できるよう、新型ステレオカメラよりも広角な単眼カメラを新採用。プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡げ、歴代アイサイトとして最高の性能を実現した。 [写真タップで拡大]

【主な諸元(日本仕様プロトタイプ、社内測定値)】

全長×全幅×全高(mm)4,480×1,800×1,580
室内長×室内幅×室内高(mm)1,930 ×1,505×1,200
乗員人数(名)5
ホイールベース(mm)2,670
最小回転半径(m)5.4
最低地上高(mm)200
車両重量(kg)1,540~1,620
エンジン2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)
トランスミッションリニアトロニック
ステアリングラック&ピニオン式
サスペンション形式[前/後]ストラット式独立懸架 / ダブルウィッシュボーン式独立懸架
ブレーキ [前/後]ベンチレーテッドディスク / ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ・ホイール225/60R17 / 225/55R18


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報