大型複合商業施設初!渋谷マークシティで排気ガスを一切ださない電気自動車「IONIQ 5」のグリーンカーシェアリングを開始

株式会社DeNA SOMPO Mobilityが運営しているカーシェアプラットフォーム「Anyca(エニカ)」は、Hyundai Mobility Japan株式会社のZEVである電気自動車「IONIQ5(アイオニックファイブ)」のカーシェア(レンタカー形態)において大型複合商業施設初となる展開を渋谷マークシティで開始した。

●文:月刊自家用車編集部

環境対策/SDGsの一環として商業施設との連携を強化 

2022年より環境対策/SDGs取り組みの一環として、ホテルや商業施設における電気自動車のカーシェアリング運営を推進している。株式会社渋谷マークシティが運営する大型複合商業施設、渋谷マークシティ駐車場においても「Anyca Officialシェアカー」による電気自動車のグリーンカーシェアリングのサービス導入が実現した。「Anyca」では、今後もホテルや商業施設との連携を拡大し、誰もが気軽にサステナブルなアクションができる仕組みをつくっていく。 

DeNA SOMPO Mobilityでは、すでに展開済みの東京都、神奈川県、大阪府、長野県を合わせて全国で合計30台のZEVを展開しており、今後も拡大予定。電気自動車「IONIQ5」22台、水素自動車「NEXO」8台のZEVによるグリーンカーシェアリングを普及させることで、誰もが気軽にサステナブルなアクションができる仕組みをつくり、社会全体のカーボンニュートラルへ貢献していく。 

配備されるZEV「IONIQ 5」の詳細 

・場所:東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ 駐車場10F
・営業時間:24時間
・台数:2台
・グレード、 カラー:Lounge/Cyber Gray Metallic( https://anyca.net/car/51359 )
・料金:1,200円~/1時間

ショート(1時間)6時間パック12時間パック24時間パック36時間パック
1,200円6,000円8,000円11,000円19,000円

「IONIQ5」について

「IONIQ5」は、2022年ワールド・カー・アワードで大賞である「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・EV・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」の3冠達成。2022年2月25日にカーシェア(レンタカー形態)をスタートし、開始6ヶ月で延べ2,000人以上(20台の利用者総数)がシェアを実施。北海道や福岡など遠方からシェアに訪れている方もいるほどの人気車種だ。また、現在Hyundai車に限り、1時間乗車無料キャンペーンを実施中(終了予定:2022年11月30日)。 


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報