スーパーハイト系の代名詞ダイハツ「タント」「タント カスタム」が便利になって進化!

ダイハツ「タント」は、2003年の発売以来、圧倒的な室内空間の広さと使い勝手の良さにより、スーパーハイト系という新市場を開拓。軽自動車初となるピラーインドア「ミラクルオープンドア」や、両側パワースライドドアを採用し、多くのユーザーから好評を得ている。今回も現代のドライバーのニーズを掴んだ改良が施されている。価格は136万円〜。

●文:月刊自家用車編集部

新「タント」の主な特長

今回の改良では、これまでの利便性をさらに高めつつ「タント カスタム」は、より上質で迫力のあるスタイルに進化させた。

エクステリア

エンジンフード、フロントフェンダー、ヘッドランプ、フロントバンパーなどのフロント周りを中心に、立体感と車両のワイド感を強調。

[写真タップで拡大]

インテリア

ブラック基調の室内に深みのあるブルーを配色し、レザー面積を増やしたシート表皮やメッキ加飾によりシャープで緻密な印象を演出。

[写真タップで拡大]

上下2段調節式デッキボード

脚を立てた場合、床下と床上の二段にスペースを分割、日常の買い物からアウトドアの幅広いシーンで活躍してくれる。また、上段の状態で後席を前に倒すことによりフラットで広い荷室空間を実現する。

ラゲージ側スライドレバー

ラゲージ側からも後席のシートスライドが可能なレバーを新設し、荷室の使い勝手を向上。

[写真タップで拡大]

音声認識機能搭載 スマホ連携9インチディスプレイオーディオ

エアコンやマルチメディア等の操作が出来る音声認識機能を搭載し利便性が向上している。さらにはApple CarPlayでワイヤレス接続に対応し、HDMIソケットの追加設定で、再生できる映像の種類が拡がっている。

[写真タップで拡大]

各モデルの個性を表現した新色を追加

●タント

ライトカラーの追加で「親しみ」イメージを強化。サンドベージュメタリック、2トーンカラーのホワイト×アイスグリーン、ホワイト×サンドベージュメタリックを新設定。

[写真タップで拡大]

●タント カスタム

「上質」な印象を強化。クールバイオレットクリスタルシャインとクロムグレーメタリックを新設定。

[写真タップで拡大]

DNGAによる高い基本性能と安全性能を継承

4代目「タント」で展開したDNGAの高い基本性能を継承するとともに、エンジン制御の最適化により燃費性能を向上しWLTCモード燃費22.7㎞/Lを実現している。また、スマートアシストを搭載し、ドライバーの安全安心をサポート。

グレード及び価格

※5:NA(自然吸気エンジン)
※6:TC(ターボエンジン)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報