2021年一番売れた福祉車両「タント(フレンドシップシリーズ)」が改良されて登場!

ダイハツは新しくなった「タントシリーズ」を発表・販売を開始した。本記事では、そのなかでも国内福祉車両において2021年暦年の車名別新車販売台数No.1となっている「タント(フレンドシップシリーズ)」の変更点を紹介する。

●文:月刊自家用車編集部

「タント(フレンドシップシリーズ)」の変更点

スローパーX
ユーザーの要望に応え、スローパーのXグレード以上にフロントベンチシートを採用し、フロントセンターアームレスト(ボックス付)を標準装備したことで使い勝手が向上。
ウェルカムターンシート カスタムRS
ウェルカムシートリフト カスタムRS

ウェルカムシートリフトのフロント/リヤ2モード昇降機能で、従来の昇降位置切替スイッチをなくし、ドアの開口に合わせて前後昇降位置が自動で切替わることで利便性が向上した。 [写真タップで拡大]

ラクスマグリップ
ウェルカムシートリフトの助手席にラクスマグリップを設定し、ユーザーの選択肢を拡大。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報