クルマ✕コーヒー!?NISSANサクラとブルーボトルコーヒーが移動型店舗「SAKURA COFFEE」を期間限定でオープン

日産自動車株式会社は、サステナビリティを信念の一つに掲げ、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供する「ブルーボトルコーヒー」と初めてコラボレートし、移動型店舗「SAKURA COFFEE」を2022年10月19日(水)から10月31日(月)までの期間限定でオープンする。「SAKURA COFFEE」は、「環境にやさしい未来のコーヒーショップ」をテーマに、新型軽の電気自動車「日産サクラ」による移動型店舗で、環境に徹底的に配慮した新しいコーヒー体験を提供。本店舗は、ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェから出発し、花と緑の自然あふれる、東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)にて展開予定。

●文:月刊自家用車編集部

自然に優しいコーヒーショップ

共にカーボンニュートラルの実現を目指し、サステナビリティへの取り組みで業界を牽引してきた両社が、脱炭素社会の実現に向けて、何か新たなアクションを起こせないかという想いによって実現したのがこのコラボだ。移動型店舗「SAKURA COFFEE」は、100%電気で走りCO2を出さない軽の電気自動車「日産サクラ」から一部電力をまかなう店舗設計。ブルーボトルコーヒーと共同開発したサステナブルな限定フードなど、環境に徹底的に配慮した、自然と共生するコーヒーショップとなっている。

開催概要

名称:NISSAN SAKURA×BLUE BOTTLE COFFEE「SAKURA COFFEE」
期間:2022年10月19日(水)~10月31日(月 ) 9:30~17:00
※営業時間は変更になる可能性がございます。10月19日(水)のみ14:00〜17:00までの短縮営業予定
10月28日(金)~10月31日(月)イルミネーション開催期間に伴い、営業時間を20:00まで延長して営業予定
場所:東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市永吉419)

SAKURA COFFEE 販売品

●SUSTAINABLE COFFEE
ブルーボトルコーヒーの100%オーガニックなコールドブリュー缶(※1)や、バリスタがドリップしたスペシャルティコーヒー(※2)をオリジナルスリーブ付きカップにて提供。
※1:オーガニック認証「USDA」取得
※2:一部期間限定での提供

●SUSTAINABLE FOODS
ブルーボトルコーヒーと共同開発した、環境負荷の低い大豆やパンプキンシードなどの持続可能な食材を活用したコラボ限定フードメニュー。期間中、渋谷カフェ、清澄白河フラッグシップカフェなどの既存6店舗でも限定で販売。

●SUSTAINABLE GOODS
土の中で分解可能なバンブーパウダーを使用したエコカップやタンブラーなど、ドライブに持っていきたいコラボロゴをあしらったサステナブルな限定アイテムを展開。

NISSAN SAKURA×BLUE BOTTLE COFFEE 「SAKURA COFFEE」 ステートメント

新しく生まれた軽EV、日産サクラ。
サステナブルに取り組む、ブルーボトルコーヒー。

一緒だから届けられる、
CO2も無駄なゴミも出さない、
おいしくて気持ちのいいコーヒー。

アイデアから開発までこだわり、
環境負荷の少ない素材で作ったスイーツもいかがですか?

その味わいが、未来を考えるきっかけになりますように。

地球のために、EVとコーヒーができること。
SAKURA COFFEE

NISSAN SAKURA×BLUE BOTTLE COFFEE


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報