ワールドカップ初戦で日本がドイツに歴史的勝利!同点弾を決めた堂安律選手は、私生活でも砂漠で四輪バギーを楽しむワイルド系だった!

FIFA World Cup カタール大会 グループ 日本対ドイツ戦で、見事に同点ゴールを決めたのはブンデスリーガ1部フライブルクに所属する堂安律選手だった。※画像はJFA YouTueチャンネル「JFATV」より引用

●文:月刊自家用車編集部

歴史的勝利の立役者は、四輪バギーでオフを楽しむ

FIFA World Cup カタール大会で、日本にとっての初戦となったドイツ戦。0-1のビハインドの状況で、見事に同点ゴールを決めた堂安選手。相手キーパーがハンブルしたボールを、しっかりと詰めた、そのポジショニングやタイミングは流石であった。

堂安選手は大胆な発言とそれに見合う実績で、ファンを楽しませてくれるが、インスタグラムにアップしたオフの過ごし方も、実にワイルドでファンの興味を引くものだった。

砂漠に置かれた四輪バギーの腰掛ける姿がキマっている堂安選手。オフの日もしっかり楽しむ姿勢が、プレーにも良い影響を与えているのかもしれない。ワールドカップを戦う堂安選手を引き続き応援していこう。

引用:JFA YouTueチャンネル「JFATV」
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報