日産フォーミュラE、新しいカラーリングのGen3マシンを公開! 日本の象徴、桜のデザインがイケてる

Nissan Gen3 Reveal, France on november 19th 2022 – Photo Germain Hazard / Royal Spark

日産は、ABB FIA フォーミュラE選手権シーズン9の開幕に向けて、新しいカラーリングのGen3マシンを公開。日産はこのマシンを「NISSAN e-4ORCE 04」と名付け、日本を象徴する花の一つである桜のデザインを取り入れた印象的なカラーリングを施した。

●文:月刊自家用車編集部

単独チームとして初めて参戦

日産の最高執行責任者であるアシュワニ グプタは参戦に際して以下のコメントを発表した。

「日産の長期ビジョンを実現するための電動化戦略において、フォーミュラEは大きな役割を担っています。日産単独チームとして初めて参戦するシーズン9は、日産にとって新しい時代の到来を告げるものとなるでしょう。日産の長いモータースポーツの歴史を支えてきたのは、他がやらぬことをやるという精神です。日本の伝統を表現した新しいカラーリングも、コース上で大きな注目を集めることでしょう。Gen3時代の素晴らしい幕開けを迎えるための準備はできています。シーズンの開幕が本当に楽しみです」。

日産フォーミュラEのゼネラルマネージャーで、日産フォーミュラEチームのマネージングダイレクターであるトマソ ヴォルペは同じく、「私たちは、新シーズンの門出を祝し、日本のDNAを取り入れた今までにないユニークなデザインのマシンをつくろうと考えました。今シーズンは、フォーミュラEにとってGen3マシンを導入する大きな節目です。また、私たち日産にとっても、チームの全オーナーシップを取得し、新チームとして運営を始める重要な節目となります。さまざまなチャレンジを乗り越えて新シーズンを迎えることを、すべての日産従業員、関係者が楽しみにしています」と語りました。

新ドライバーラインナップ

日産フォーミュラEチームは、フォーミュラEレースでの優勝経験もあるノーマン ナトーと、2022年のスーパーフォーミュラでランキング2位となったサッシャ フェネストラズという、経験と若さを兼ね備えた2人の新しいドライバーで新シーズンに挑む。ナトーは17号車を、フェネストラズは23号車をドライブしする。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報