Wrangler初のプラグインハイブリッドモデル 「Jeep Wrangler Unlimited Rubicon 4xe」が発売

Stellantisジャパン株式会社は、Jeepの本格オフローダー「Wrangler」シリーズのハードコアモデル「Wrangler Unlimited Rubicon(ラングラー・アンリミテッド・ルビコン)」にプラグインハイブリッドモデルを追加、「Wrangler Unlimited Rubicon 4xe(フォー・バイ・イー)」として、全国のジープ正規ディーラーにて受注を開始した。メーカー希望小売価格は、10,300,000円。同モデルは左ハンドルのみの設定となる。

●文:月刊自家用車編集部

新時代の幕開けを告げる電動パワートレーン搭載のラングラー

「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン 4xe」は、真骨頂であるオフロード性能に新たな可能性を生み出す電動パワートレーンを搭載した、新感覚のモデルだ。オフロード走行のポテンシャルアップと、約42kmを電気のみで走行可能な高効率かつスムーズな走りを両立し、本格オフローダーの新たな可能性を開拓する。

搭載するパワートレーンは、2ℓ直列4気筒ターボエンジン、2基の電気モーター、350Vのリチウムイオンバッテリーに、8速オートマチックトランスミッションを組み合わせている。エンジンにマウントされるP1モーターは、極めて滑らかにエンジンを始動。燃費低減機能を実現しているほか、バッテリーパックに供給するための電気も生み出しているのだ。

トランスミッション前部には、P2モーター(高電圧モータージェネレーター)を備えており、エンジンとP2モーターは2つのクラッチで制御され、バイナリークラッチと呼ばれる動力を伝達するスイッチが開いた状態で100%のEV走行モード、閉じるとエンジンとモーターの出力が融合される。P2モーターとトランスミッションの間に備わるもうひとつのクラッチは、トランスミッションとの噛み合いを調整し、ドライバビリティと効率性を向上させている。

モーターの役割を選択できる3つの走行モード

ラングラー・アンリミテッド・ルビコン 4xeは、運転席でのボタン操作により、以下の3つの走行モードを選択可能。

HYBRID(ハイブリッド)モード
道路状況やドライバーの操作に応じて、電気モーターとエンジンの作動状況を自動で最適化。バッテリーに電気が十分に蓄えられた状態ではモーター駆動(EV走行)が優先されるが、充電レベルが低下するとガソリンエンジンとモーターを併用したハイブリッド走行モードに切り替わる。

ELECTRIC(エレクトリック)モード
排出ガスを出さない100%EV走行を行うモード。満充電の状態では、約42kmを電気のみで走行が可能。通常はモーターで駆動するが、充電レベルが最低限になった場合やアクセルペダルを強く踏み込んだ場合にはエンジンが始動。

e-SAVEモード
バッテリーの充電レベルを維持するモード。充電レベルが十分な状態においてもエンジン主体で走行する。さらにタッチパネルモニター内の「ハイブリッド エレクトリック ページ」から、「バッテリー節約」と「バッテリー充電」のいずれかを選択することができる。

本格を名乗るにふさわしいタフネスを継承

電動化を遂げたルビコン 4xeのパワートレーンは、ラングラーの卓越したオフロード性能において、さらなる高みを実現する。電気モーターは、発進と同時に最大トルクを発生する特性をもつなど、オフロード性能の向上にも寄与。例えば大きな石を乗り超えるような場面でもエンジン回転数を上げることなく、巨大なトルクを瞬時に生み出すことができる。これは急勾配を駆け上がるクライミングや、悪路を低速で進む場面においても威力を発揮する。

バッテリーの充電は、家庭用200Vの普通充電に対応。減速時や制動時に働く回生ブレーキは、4×2走行時には駆動輪である後輪から、4×4走行時には4輪すべてからの制動エネルギーをバッテリーに供給する。さらに、エネルギーの回収を最大化して発電力を高める「Max Regen」機能を作動させることも可能。

すべての高電圧電子部品は、シーリング加工や防水処理が施されている。これによってラングラー・アンリミテッド・ルビコン 4xeの渡河性能は、ガソリンエンジン車と同等の30インチ(76cm)を実現した。

リチウムイオンバッテリーはリアシート下部に配置されており、重量配分を最適化するとともに、外部からの衝撃による損傷リスクの低減を図っている。バッテリーには冷却回路を備えているため、常に最適な温度を保つ。

プラグインハイブリッド独自の特別なデザイン

ルビコン 4xeでは、エンジンフード、ボディサイドのTRAIL RATED バッジ、リアエンブレムにブルーのアクセントカラーが配されるなどの差別化が図られている。インテリアにおけるブルーのステッチも特別感を演出。

ボディカラーはブラックC/C、ブライトホワイトC/C、アールC/Cの3色を設定し、いずれもブラック内装を組み合わせる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報