まるで「ウニモグ」なカスタムトラックが出品!LOT No.2「1973 Mazda Kraft Truck DUC9」

株式会社BH AUCTIONは、和歌山県かつらぎ町の人気アウトドアショップ「Orange」とコラボレーションしたオークションを、日本最大級のネットオークションサービス「ヤフオク!」で、2023年1月16日(月)から22日(日)まで開催する。出品されているのは「Orange」を経営する池田道夫さんがコレクションしていた、アウトドアを感じさせるオシャレなヴィンテージカー(13台)だ。

●文:月刊自家用車編集部

「ウニモグ」を連想させるクラフトトラックが1円スタートオークションに!

[写真タップで拡大]

この個体は実用本意で設計されたマツダの商用トラック「クラフト」に、池田代表の意向によるカスタムを施した車となっている。ちなみに「クラフト」と言う名は、ドイツ語の力強さを意味する「Kraft」と言う単語から取られており、頑丈でどこまでも走っていけるタフなトラックを目指して設計された。当個体は角目ヘッドライトを搭載する後期型で、より精悍な顔つきとなっている。

[写真タップで拡大]

カスタムのテーマは、ベンツの「ウニモグ」をイメージしたということで、「Kraft」のドイツ名を強調するスタイリングにまとめられている。まず、16インチホイールに大きなタイヤを組み合わせて、オフロードトラックなテイストを取り入れた。これによって、リフトアップ等しなくても、全高を稼ぎ、よりウニモグライクなシルエットに近づけられている。ただこのタイヤサイズのままでは、公道を走ることはできないとのこと。付属の純正品に付け替えるか、別途フェンダーを装備するなど対応する必要があるだろう。

[写真タップで拡大]

クラフトトラックの純正色としてよく知られているのが、明るい黄緑色の「ヘリオスグリーン」であるが、この個体はダイハツの純正色であるメタリックカラーにオールペンされている。これによって古臭さを取り除き、全体像を引き締め、カスタムトラック然とした雰囲気をうまい具合に着せている。近いテーマでカスタムした「トヨエース」同様、こちらもその他の部分で特にカスタムされた箇所はない。オリジナルを極力維持しつつ、全く新しい車に生まれ変わらせる池田氏の発想力がここでも存分に活かされている。

[写真タップで拡大]

内装には手を加えておらず、オリジナルに近いコンディションを維持。状態もフロアから荷台まで大きな錆等もなく良好となっている。エンジンはベンチ型の3人乗りシートを外すことでアクセス可能。1500cc75馬力というコンパクトなパッケージとなっているため、エンジンの熱が運転席に上がってくることも少ない。ラジエーター、ブレーキオイルなどは、運転席を外さなくとも、ボンネットを開ければメンテナンス可能で、整備性も考慮されているのが商用トラックらしい点と言えるだろう。

[写真タップで拡大]

またクラフトは人間工学に基づいた設計、そして使い勝手に重きを置いたモデルだけあって、レジャーで使用する際も活躍してくれそうだ。運転席の視界は広く、大きな三角窓により換気も容易となっており、エアコンがなくともある程度は快適に運転できるようになっている。そして荷台部分も広く、大量の荷物を簡単に積み込める点も実用本位で設計されたクラフトらしい利点である。

出典:BINGO
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報