周囲や車内を全天周360度、切れ目なく録画!フロント部分だけ切り出し高画質で保存する「バーチャルフロントカメラ」が凄い!

カーメイト
d’Action 360D DC3600R
価格:52,250円

360°カメラ搭載機で良く言われている「前方車両のナンバープレートが見えにくい」という不満ポイントに対応したドライブレコーダーが登場した。

●文/写真:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

前後カメラでは録画が難しい、側方や車内状況も確認できる

リヤカメラは上位モデルとなる「DC4000R」と共通で、フルHD画質による映像記録が可能だ。 [写真タップで拡大]

カーメイトのドライブレコーダー・ダクションシリーズは360°カメラ搭載機の草分け。それだけに多くのユーザーの声が届いているというが、そんな声の中で「360°カメラで撮影した映像では車両前方が不鮮明で前方車両のナンバーが見えにくい」という不満ポイントが挙がっていたという。これはメーカーを問わず360°カメラ搭載機の弱点で、撮影エリアの広さが影響するものだ。

そこでユーザーの不満を解消すべく開発されたのが「DC3600R」だ。これは360°カメラに解像度3840×3840のセンサーを組み合わせており、独自のデュアルレック技術(特許出願中)によって車両前方を切り出した解像度1920×1080(フルHD画質)のフロント映像と、解像度960×960の360°映像の2つを作り出す。フロント映像で前方からの衝突の状況を確実に捉えられ360°映像で側突や幅寄せ、乗り込みなど、さまざまな状況を捉えられるわけだ。さらにこのモデルではフルHD画質のリヤカメラを付属しており、全方位をカバーする安心感抜群の仕様だ。しかも駐車監視オプションの接続にも対応している。

扱いやすく操作性も高い

ブラケット部分、カメラ部分の2カ所で角度調整ができ、最適なセッティングが行える。 [写真タップで拡大]

操作ボタンは大型で間隔も空いているため誤操作が無い。メニュー表示もわかりやすい。 [写真タップで拡大]

画像はシチュエーションを問わず鮮明

PC向けビュワーソフトで再生した日中映像。画面左上がフロント映像、左下がリヤカメラ映像、右が360°映像を画像変換したもの。 [写真タップで拡大]

夜間映像も日中映像と変わらずクッキリしているのがよくわかる。高感度なうえに白飛びや黒つぶれも発生せず信頼できる高画質だ。 [写真タップで拡大]

デュアルレックで前方映像も360°映像も満足

360°映像から切り出すため歪みはあるが、車両前方が鮮明に見える(ナンバー一部加工)。 [写真タップで拡大]

360°映像はPC向けビュワーソフトやスマホ向けアプリで表示パターンを変更できる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報