日産グロリア(Y31)セダンが1/43スケールダイキャスト ミニカーになって登場! Brougham VIPとCLASSIC SVの2タイプ!

株式会社ヒコセブンは、オリジナルブランド「CARNEL」からダイキャスト製1/43スケール(全長約11cm)、日産 グロリア Brougham VIP (PAY31) 1998 Black、日産 グロリア CLASSIC SV (PY31) 1998 Dark Blue Pearlの2種を、直営店の「モデルギャラリーHIKO7」及び全国模型店にて予約開始した。

●文:月刊自家用車編集部

各300台の限定モデル

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

日産グロリア(Y31)は、プリンス時代の初代から数えて8代目。日産のセドリックと姉妹車となるこの車は、自家用車の他にもタクシーやパトカーなど、はたらく車としても多く使われてきた。セダンとハードトップと2つのボディ形状がラインナップされており、自家用ではハードトップ、法人ではセダンが多く使われていた。今回はセダンのBrougham VIP (Black)と、CLASSIC SV (Dark Blue Pearl)の別々のグレードをモデル化。ホイールの形状や各種エンブレムなどが異なっており、どちらも3000ccのエンジンを搭載したビッグバンパーの仕様となっている。

出典:@Press
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報