ランドクルーザーが2年連続で車名別盗難ワースト1位「第24回自動車盗難事故実態調査結果」

一般社団法人日本損害保険協会は、24回目となる「自動車盗難事故実態調査」を実施。その結果を発表した。

●文:月刊自家用車編集部

盗難ワースト1位はランドクルーザー 2位はプリウス

[写真タップで拡大]

2022年の車両本体盗難の車名別盗難状況のワースト1位は2年連続でランドクルーザーとなった。ランドクルーザーが車両本体盗難全体に占める割合は、2021年の13.6%から2022年は16.9%と増加傾向にある。

プリウスは2020年にワースト1位、2021年、2022年にはワースト2位となるなど、車両本体盗難の被害が特定の車種に集中する傾向が続いている。アルファードが車両本体盗難全体に占める割合も増加傾向にあり、今回はワースト3位となった。

また、2022年の車両本体盗難ワースト10位の車種合計1,453台のうち、レクサスブランドの被害は284台と約20%を占めている。そのうちレクサスLXが156件と最も多くなっている。

深夜から朝にかけて被害が多く発生

[写真タップで拡大]

2022年の車両本体盗難の発生時間帯は「深夜~朝(22~9時)」が57.1%を占め、最も多くなった。「深夜~朝(22~9時)」の割合は2021年と比較すると約2%増加している。窃盗犯は深夜から朝にかけて薄暗い場所で窃盗に及ぶ傾向があると考えられている。

車両本体盗難の支払保険金

[写真タップで拡大]

車両本体盗難1件あたりの平均支払保険金は、2021年から2022年にかけてほぼ横ばい傾向となっている。

出典:@Press
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報