【MOTAランキング】いま新車見積もりが多い車種はどれ? MOTA新車購入問い合わせ人気ランキング【2022年10月版】

  • 2022/11/22
  • 株式会社MOTA[PR TIMES]

※このページは、自動車関連企業等より配信されたパブリシティリリース記事をそのまま転載しております。掲載内容に関するお問い合わせ等につきましては、直接リリース配信元までお願いいたします。

新車の車種選びで迷っている方、他ユーザーが購入検討をしている車種が気になる方は必見!

「モビリティテックでクリアな自動車売買の体験を。」の実現を目指す株式会社MOTA(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤 大輔、以下「MOTA」)が運営する「MOTA新車見積もり」サービス(URL:https://autoc-one.jp/newcar/)にてユーザーの方が2022年10月1日~31日に新車見積もりを行なった車種別件数ランキングを発表します。

◆MOTA新車見積ランキング【2022年10月版】調査概要

調査内容:MOTA新車見積ランキング
調査期間:2022年10月1日〜31日
調査方法:自社ツール調査 株式会社MOTAが運営する新車見積もりサービスでの、ユーザーによる問い合わせ件数を集計
調査対象:調査期間中にMOTA新車問い合わせに掲載された車種すべて
※株式会社MOTAが公表する全ての調査および集計結果は、株式会社MOTAが企画し、独自に調査・集計したものです。
 ◆2022年10月MOTA新車見積ランキングTOP10

1位 トヨタ ヤリスクロス(ー)
2位 ホンダ N-BOX(ー)
3位 トヨタ ライズ(ー)
4位 トヨタ ハリアー(ー)
5位 レクサス NX(ー)
6位 ダイハツ タント(↑)
7位 トヨタ RAV4(↓)
8位 日産 エクストレイル(↑)
9位 ホンダ フィット(↑)
10位 トヨタ シエンタ(↓)
 ◆トヨタのコンパクトSUV ヤリスクロスが俄然人気!

2022年10月の「MOTA新車購入問い合わせ人気ランキング」は、トヨタのヤリスクロスが連続首位をキープ。続く2位には、軽四輪車販売年間1位を7年連続獲得しているホンダ N-BOX、3位は先月トヨタ ライズがランクインしています。先月に続いて、トップ3の変動はありませんでした。取り回しがしやすいコンパクトなサイズの車種に人気が集まっています。

トップ10の内訳としては、SUV・ミニバンが10台中7台、軽自動車が2台、コンパクトカーが1台でした。「街乗り」と「アウトドア」の両方で活躍するSUVやミニバンが、使い勝手の良さが評価されて、あらゆる世代に受けています。また、軽自動車も「ハイトワゴン」や「クロスオーバー」といった室内空間がゆったりするタイプの車種が目立っています。

こうした傾向は、いつまで続くか注目していきたいと思います。
先月10月のランキングで注目してほしいのは、2022年10月3日に一部改良と新モデルが追加されたダイハツ タントです。これまでにもあった標準ボディのタント、エアロパーツを装着したタント カスタムに加えて、外観をSUV風にアレンジしたタント ファンクロスが新たに設定されました。発表とともに問い合わせ件数も伸び、先月9月の20位以下から6位へジャンプアップしています。ここでも、SUVテイストというアレンジがユーザーの興味を集めているようです。
※ダイハツ タントは後ほど、概要解説と関連記事を紹介しますので、そちらもご覧ください。

また10位には、2022年10月1日に一部改良とスポーティタイプRSモデルの追加を行ったホンダ フィットが再び浮上してきます。かつては売上の上位を占めていた人気車種だったのに、これまで販売が低迷していただけに、RSモデルの復活でどこまで巻き返せるか注目していきたい1台です。

上記の車種に変動はあまり見られないものの、マイナーチェンジを果たした2車種がランクインしたという2022年10月でした。
 ◆1位 トヨタ ヤリスクロスの概要

1位のトヨタ ヤリスクロスは、2020年2月にデビューしたコンパクトカーのヤリスをベースに「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」を受け継ぎつつ、都市型コンパクトSUVに設計開発されました。パワートレイン(動力源)には、ヤリスにも搭載される最新の3気筒 1.5リッター+ハイブリッドシステムのほか、1.5リッターのダイナミックフォースエンジンモデルも用意。FFのほかに、「AWD-i」と呼ぶ4WDシステムとの組み合わせも設定しています。2022年7月にはスポーツモデルである「GRスポーツ」と「Z アドベンチャー」が新たに追加設定されました。
■ボディサイズ(全長×全幅×全高):4180mm×1765mm×1590mm 
■WLTCモード燃費:29.00~31.30km/L
■トヨタ ヤリスクロスの価格・カタログ情報ページ:https://autoc-one.jp/catalog/toyota/yariscross/
 ◆2位 ホンダ N-BOXの概要

ホンダ N-BOXは居住性、安全性、使い勝手の良さから超人気の軽トールワゴン。天井が高くて広い車内は、左右独立のスライドできるリアシートを合わせて、抜群の使い心地を誇ります。室内高は140cm(1400mm)もあり、子供が車内で立って着替えることもできます(*1)。また、全タイプに標準装備とした先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」により安全性能がアップ。さらに、2021年12月の一部改良にて、オートブレーキホールド機能付電子制御パーキングブレーキを全タイプに標準装備されました。こういった安心・安全性能の高さも人気の理由の一つです。子育て世代には特にオススメの1台と言えます。
(*1)お子様を立たせる際は、必ず保護者がお付き添いください。
■ボディサイズ(全長×全幅×全高):3395mm×1475mm×1790mm 
■WLTCモード燃費:23.00~27.00km/L
■ホンダ N-BOXの価格・カタログ情報ページ:https://autoc-one.jp/catalog/honda/n-box/
 ◆3位 トヨタ ライズの概要

3位のトヨタ ライズは「SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい」といったユーザーの声に応える、全長4m以下の5ナンバーサイズのコンパクトSUV。コンパクトなボディに対してゆとりのある容量と可動式デッキボードで使い方の幅が広がった荷室がポイント。ワイドで個性的なフロントビューや大径タイヤによる力強いエクステリアにより、週末のレジャーでも目立ち度はバッチリ。インテリアにはアクセントカラーの配置されたシートや、「先進」「ワクワク」「シンプル」「アナログ」などテイストが選べるLEDのデジタルスピードメーターなど遊び心が演出されています。機能面では「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」なども搭載されており、運転支援システムも充実しています。
■ボディサイズ(全長×全幅×全高):3995mm×1695mm×1620mm 
■WLTCモード燃費:21.20~34.80km/L
■トヨタ ライズの価格・カタログ情報ページ:https://autoc-one.jp/catalog/toyota/raize/
 ◆今月の注目の1台「ダイハツ タント(6位)」

2022年10月に一部改良とSUV風の外観にアレンジした新モデルであるファンクロスが追加されたダイハツ タントシリーズ。ホンダ N-BOX、スズキ スペーシア、日産 ルークスなどと同じスーパーハイトワゴン。助手席ドアと左側スライドドアの間の柱を廃し、つながって大きく開く「ミラクルオープンドア」が特長。新モデルのファンクロスは、フロントマスクやボディの側面に、ブラックの樹脂パーツを装着して、ボディをガードするようなデザインとなっています。ルーフレールや専用アルミホイールが標準装備。新型タントでは、荷室の後端に装着する上下2段式のデッキボードを新たに採用しました。従来は広げた荷室の表面に傾斜ができましたが、改良後はほぼ水平になっていて、使い勝手がよくなっています。
■ダイハツ タント ファンクロスクロスボディサイズ(全長×全幅×全高):3395mm×1475mm×1785mm(4WD:1805mm)
■ダイハツ タントの価格・カタログ情報ページ:https://autoc-one.jp/catalog/daihatsu/tanto/
 ◆今後の「MOTA新車購入問い合わせ人気ランキング」に注目してください

MOTAでは毎月、新車購入問い合わせ人気ランキングをお伝えしています。今、新車の購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。また編集記事として「新型車解説」「試乗レポート」を掲載していきますので、ご期待ください。

■当記事のMOTA掲載URLはこちら>>>
https://autoc-one.jp/knowhow/5015536/


<MOTAが運営する「MOTA新車見積もり」>
◆カンタン45秒。 店舗へ足を運ぶ前に見積金額や納期などをチェック!
新車購入は情報収集が肝心です。お近くの新車販売店に見積もり依頼が届き、来店前に在庫の状況や値引きに関するお得な情報などを確認しておくことができます。購入を検討している車種が別々のメーカーであれば、それぞれの店舗に足を運ぶことなく、一括で見積金額を知ることができるのです。

◆MOTAの新車見積もり(問い合わせ)が選ばれる主な理由

  • MOTAが新車値引き攻略法を伝授!

MOTAの新車見積もり依頼フォームより問い合わせをしていただいた方にMOTAの新車値引きに関する情報を伝授!来店前に値引き情報を頭に入れておくことで商談を有利に進められます。
※値引き情報は見積もり依頼完了後、ご登録いただいたメールアドレス宛にお送りします。

  • 支払総額・諸費用が分かる

新車購入には、カーナビなどのオプションや各種税金、手続き費用など様々な費用がかかります。カタログに載っている車両本体価格以外の諸経費も認識しておきましょう。

  • 複数メーカーを無料で比較

お得に車を購入するなら、ライバルメーカーの同スペックの車種を見積もることも大切。商談の際に引き合いに出しながら、価格交渉するのもテクニックの一つです。

  • 全国の新車販売店500店舗が加盟

日本最大級のディーラー・新車販売店登録数。自動でお近くの販売店をお探しいたします。

>>MOTA新車見積もりの詳細ページはこちら
https://autoc-one.jp/newcar/

<会社概要>
社 名 :株式会社MOTA https://mota.inc/
所在地 :東京都港区赤坂八丁目5番41号 イースタン青山ビル3F
設 立 :1999年6月3日
資本金 :100百万円
代表者 :代表取締役社長 佐藤大輔
事業内容:モビリティ事業

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報