ABARTH「The SCORPION SPIRIT」× プロサッカー選⼿ 権⽥修⼀「#My Goal」キャンペーンを1月31日(火)~2月28日(火)まで実施!

  • 2023/02/07
  • Stellantisジャパン株式会社[PR TIMES]

※このページは、自動車関連企業等より配信されたパブリシティリリース記事をそのまま転載しております。掲載内容に関するお問い合わせ等につきましては、直接リリース配信元までお願いいたします。

権田修一選手の特別インタビュー公開を記念して、直筆サイン入りグッズが抽選で当たるプレゼントキャンペーンを実施中。

● 数多くの広告写真を⼿掛けるフォトグラファーKEI OGATA⽒による映像作品を展開
● アバルトオリジナルグッズなどが当たるキャンペーンも実施
● 権田修一選手直筆サイン入り「The SCORPION SPIRIT」オリジナルフォトやABARTHオリジナルTシャツが抽選で当たる!

Stellantisジャパン株式会社(本社:東京都港区、社⻑:打越晋)は、「ABARTH (アバルト)」のブランディング活動の⼀環として、2018年6⽉より展開している「The SCORPION SPIRIT(ザ スコーピオン スピリット)」にて、スポンサー契約を結んでいるプロサッカー選⼿ 権⽥修⼀⽒と、2023年1月31日(火)~2月28日(火)まで「The SCORPION SPIRIT #MyGoal EXTRA」と題したキャンペーンを展開。

「The SCORPION SPIRIT」は国内外問わず幾多のポートレートやファッション誌、広告の分野で幅広く活躍しているフ ォトグラファー KEI OGATA(ケイ オガタ)⽒を起⽤したプロジェクト。 創設者カルロ・アバルトの情熱とチューニング技術により、レースシーンを席巻したブランド「アバルト」。権田修一選手を迎え2022年から「#MY GOAL」をテーマに展開している「The SCORPION SPIRIT」では、常にチャレンジし続けている権⽥修⼀選⼿の姿をABARTHのSPIRIT(スピリット)精神とリンクさせ、映像とスチールで表現。 当ムービーに登場する⾞両は権⽥修⼀選⼿の愛⾞「ABARTH 595C TURISMO(アバルト 595シー ツーリズモ)」。

1月31日(火)より開始する「The SCORPION SPIRIT #MyGoal EXTRA」では、“権田の18秒”を筆頭に、これからも語り継がれる鮮烈な活躍を見せつけ、戦いを終えた権田選手の次なる「My Goal」に向けた特別インタビューが公開される他、キャンペーンでは、フォトグラファーKEI OGATA⽒撮影の「直筆サイン入り”The SCORPION SPIRIT”オリジナルフォト」や「直筆サイン入りアバルトTシャツ」を抽選でプレゼントいたします。

キャンペーンの詳細については、The SCORPION SPIRIT ウェブサイトをご覧ください。
http://www.abarth.jp/cp/scorpionspirit/ 

【概要】
The SCORPION SPIRIT プレゼントキャンペーン
応募期間:2023年1⽉31⽇(火)~2月28日(火)まで

【ABARTH The SCORPION SPIRITウェブサイト】
http://www.abarth.jp/cp/scorpionspirit/ 

【プレゼント内容】
A賞: 直筆サイン入り”The SCORPION SPIRIT”オリジナルフォト(10名様)
​B賞: 直筆サイン入りアバルトTシャツ (10名様)

【ABARTH ソーシャルメディア】
Facebook https://www.facebook.com/Abarth.Japan/
Twitter https://twitter.com/ABARTH_JAPAN
Instagram https://www.instagram.com/abarth_japan/

今後も様々なメディアを通して、ABARTHの熱い情熱を配信していきます。ぜひご注⽬ください。

【プロフィール】
Kei Ogata フォトグラファー

1977年渡⽶。アルバート・ワトソンスタジオ 助⼿を経て、1980年独⽴。フリーランスとしてVogue、GQ、 Harperʼs BAZAARなどエディトリアルを中⼼にニューヨーク、イタリア、フランスなどで活動後、1990年帰国。現在、広告・雑誌 を中⼼に、写真集や動画など多岐にわたり活動している。

プロサッカー 選⼿(GK)権⽥修⼀

ユース年代か ら⽇本トップクラスのGK( ゴールキーパ ー)として活 躍し続けるプ ロサッカープ レイヤー。常に世界を意識し、⽇本代表、2度の海外移籍、GK普及プロジェクトなどを通して、現役選⼿としての⾃らの レベルアップのみならず、⽇本では保守的なポジションと思われがちなGKのイメージを覆すべく挑戦を続けている。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報