【オンロード中心でも選ぶ意味がある】日産ノート4WD 試乗リポート

クラスを超えた上質な内外装と、洗練度を高めた第2世代のe-POWERパワートレーンが話題の日産ノート。コンパクトクラスで大旋風を起こしている注目モデルだけに、購入を検討している方も多いはず。確かにノートは間違いのない選択です!でも4WDモデルの存在を忘れていませんか?ノートの上質さをさらに感じられるe-POWER 4WD、その魅力をお届けしましょう!

●文:まるも亜希子 ●まとめ:月刊自家用車編集部 ●写真:澤田和久

ノートの良さをもっと引き出してくれる、ひと味違う4WDに注目! 

新しい時代の価値観に合う、本当にいいクルマを求める人たちにとって、ノートは魅力あふれる1台だ。

取り回しのいいコンパクトサイズにプレミアムな存在感のあるデザイン。小型エンジンを発電専用に搭載し、電気のチカラだけで100%モータードライブができるe-POWERでありながら、エネルギー補充や航続距離は今まで通りの便利さ。設えのいいインテリアはファミリーも居心地のいい空間で、荷室の使い勝手も優秀。日常の買い物からレジャーまで、こなせるのがありがたい。

そんなノートにはFWDと4WDが用意されている。4WDと聞くと、つい雪道を走る地域だけのものだと思われがちだが、実はノートの4WDはドライ路面での乗り味もFWDとは変わり、魅力アップするシーンも多い。今回は一般道から高速道路、山坂道で4WDの良さを体感してみた。

スタートボタンを押し、静かにメーターが明るく灯れば、走行準備OK。アクセルペダルを軽く踏んだだけで、瞬時にあふれる鮮やかな加速が爽快で、まるで手足がボディと一体化したかのような、キビキビと思い通りの操作感も気持ちがいい。その上、すべての操作に上質感が感じられるのも、まさに電気でしか味わえないドライブフィールだ。

大出力のリヤモーターの採用により、洗練された走りを実現


そしてそこに、出力50kW/トルク100Nmを発揮するモーターをリヤに搭載する4WDが、さらなる魅力をプラスしてくれる。

まず一般道で落ち着きを感じる乗り心地に驚いてしまう。速度が上がり、加速と減速を繰り返すような場面でもピッチングが抑えられ、滑らかかつ上質な挙動を実感できる。高速道路での直進安定性もアップし、山坂道ではリヤの追従性が高まっている感覚があって楽しい。これは駆動が4輪に分散されたことに加えて、リヤからも回生が得られることも効いているようだ。

また、静かさに関してはFWDと変わらないと感じるところも見逃せない。コンパクトクラスの4WDはリヤからのノイズが大きくなってしまうことが多いのだが、そこがしっかりと改善されていることもノートの優れたところと感じる。FWDと比べて重量が増えた分も、十分にパワーで補えていることも特徴の一つ。他モデルの4WDでは重厚感は増すもののキビキビした走りが損なわれることもあるのだが、ノートはそのあたりの問題もしっかりとカバーしてくれる。

さらに、ノートの4WDは駆動力配分を加減速による前後の重量配分に比例して最適に変化させ、ブレーキング時にも前のめりになることなく、フラットな姿勢のまま減速してくれることも美点の一つ。ちょっとしたラフロードや雪道での安心感も高まり、これからの季節にも頼もしい。

言ってみれば、ノートの4WDはFWDのモータードライブの良さに加えて、安心感や楽しさ、乗り心地などの快適性がさらにプラスされるということ。街中や高速道路での上質な乗り味を楽しみたい人にも、ノートの4WDはぜひ選んで欲しいモデルなのだ。

●新型ノート

●発表(最新改良)年月日:]’20年11月24日(’20年12月23日)
●価格帯:202万9500~288万7500円

高速道路

安定感たっぷりで横風にも強い!直進性が高く、パワーも十分
スタートダッシュやしなやかな乗り味が印象的なFWDと比べると、さらにリヤからの力強い蹴り出しがありつつ、ガッシリと安定感のある直進性が大きな魅力。追い越しでは瞬時に欲しい加速力が得られ、エコモードにすると自然と穏やかに走れる。カーブでも前後のモーターがしっかりと路面を捉えてくれるので、安心感たっぷり。静かさは変わらず、余裕の走りはさらに上質に。 [写真タップで拡大]

未舗装道路

荒れた路面も上手にいなす!快適性を損なわないのも美点
FWDでもちょっとしたラフロードくらいは問題なく走ってくれるが、4WDは駆動が4輪に分散したことで、よりスムーズに荒れた路面をいなしてくれる印象。ゴツゴツとした粗い路面でも大きな振動が抑えられ、身体が大きく揺られるシーンも少ないように感じる。路面状況に応じて最適な制御をしてくれるため、不意にハンドルを取られるような不安もなく、安心感が高まっている。 [写真タップで拡大]

積雪路

リヤモーターが威力を発揮!力強さと安心感あふれる走り
先代ノートと比べてリヤモーターの出力が大幅にアップ。トルク配分も全速度域で細かく制御されるというだけあって、雪道に入ってもまったく不安を感じないのが4WDだ。ちょっと緊張するような圧雪路の坂道発進などでも、力強い加速が引き出せるのは見事。アクセルコントロールしやすい電動の強みも活かし、違和感のない制御できつめのカーブもスイスイとクリアしてくれる。 [写真タップで拡大]

山岳路

重量増を感じさせない軽快さキビキビした走りが楽しい!
ハンドル操舵量が少なくなったおかげで、右へ左へとカーブが続く山岳路の挙動がとてもキビキビとしていて楽しい。パワーモードを選ぶとアクセルのピックアップも良くなるので、メリハリがある加速・減速ができて運転が上手くなったと感じるほど。また、FWDより重量は重くなっているにもかかわらず、ボディ剛性が高められてカタマリ感のある走りも好印象だ。 [写真タップで拡大]

加速&減速時

頻繁な加減速でも乗員に優しいフラットな乗り心地が魅力
前後輪の駆動力配分を自在に制御できる4WDは、アップダウンやカーブが続く山道などはもちろん、市街地などのストップ&ゴーが多い場面でもリヤモーターがいい働きをしてくれる。ブレーキングや加速時に発生する車両の前後方向の挙動を穏やかにしてくれ、フラットな乗り味を実現。走行シーンに応じて最適な加速・減速を引き出せるのが魅力だ。 [写真タップで拡大]

後席の乗り心地

不快な振動や姿勢変化が少なく後席乗員も乗り疲れしにくい
ノートはFWDモデルでも静かで安定感のある乗り心地が見どころだ。しかし、ボディ剛性が高まっていることもあり、4WDはさらに重厚で上質な乗り心地がアップしていると感じる。ブレーキング時にも前のめりになりにくく、カーブでも姿勢変化が少ないため、後席に座ってもとても快適。上級グレードならリクライニング機構もあり、リラックスして快適に過ごせる。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

カーライフ・ジャーナリスト。雑誌・Web・ラジオ・トークショー等を中心に、クルマのある生活をさまざまな視点から提案。近年はママとしてのリアルな視点でファミリーのカーライフをサポートする。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報