Enjoy! 車中泊♪ 日産キャラバンの新しい提案はジャパンキャンピングカーショーにて!

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

ワークユースからレジャーまで人気のキャラバン

仕事の車としてはもちろん、遊びの車も含め様々な職種のプロフェッショナルに愛されてきた「キャラバン」がマイナーチェンジしたのが2021年10月のこと。ダイナミックで力強いエクステリア、黒を基調としたシックなインテリアのデザインに一新したモデルで、発表時は高い注目を集めた。

このマイナーチェンジは高い先進安全技術も装備された点も見どころだった。歩行者の検知も可能である「インテリジェント  エマージェンシーブレーキ」や、「インテリジェント アラウンドビューモニター」、「踏み間違い衝突防止アシスト」などを装備すると共に、理想的な姿勢を維持し長時間のドライブでの疲労を軽減する「スパイナルサポート機能付きシート」も全車標準装備するなど、ワークユースのみならずレジャーや趣味などを楽しむユーザーにとっても使い勝手の良いモデルとなった。

そんなキャラバンが、2022年2月10日〜13日まで幕張メッセで行われる「ジャパンキャンピングカーショー2022」で、コンセプトカーの展示を発表した。

「どこでもMY ROOM」がデザインコンセプトという詳細は、現地で実際に確認してみよう。

●キャラバン MYROOM CONCEPT

[写真タップで拡大]

新型「キャラバン」に、素敵な部屋を載せた「どこでも MY ROOM」のデザインコンセプトモデルです。「普段の生活の中で、大切な人とお気に入りの場所で過ごす」。そんな、さりげなくゆったりとした時間の楽しみ方をご提案します。(参考出品)

●キャラバン マルチベッド

マルチベッド

[写真タップで拡大]

荷室に跳ね上げ式のベッドシステムと、防水性も兼ね備えた硬質素材のフロアパネルを装備したことで、 車内での休憩や宿泊などのくつろぎ空間と積載性を兼ね備えたモデルに仕上げている。

また、オプションの着脱式のテーブルを装着すると、リビングのような空間として使用する事も可能で、アウトドアスポーツなどの趣味にも、テレワークの仕事部屋にも、ユーザーの用途に合わせて、さまざまなアレンジが可能。このモデルは、多様なニーズやライフスタイルにあわせ、「GRAND プレミアム GX」と「プレミアム GX」の2つのグレードが用意されている。

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報