フェンダーアーチがSUVっぽい!? トヨタが新しい「クラウン」特設サイトにスタイリング部分画像を追加

●文:月刊自家用車編集部

[写真タップで拡大]

クロスオーバーセダンのイメージ

新型「クラウン」を世界初披露することを7月6日に発表したトヨタ。一部デザインの公開を予定しているとアナウンスされていたが、7月11日にサイドビューの一部が特設サイトに掲載された。

「いつかはクラウン?」「SEDAN? SUV?」、「終わりか はじまりか」など、衝撃的なキャッチフレーズが踊る特設サイトに世界初披露のカウントダウンとともに掲載されている。

そのエクステリアは、カッパー系のボディカラーをまとい、薄型のヘッドランプが特徴的なデザインだ。フェンダーアーチがSUV風ともとれるデザインになっており、噂の通りクロスオーバーセダンのイメージを持っている。

今後も、7月15日のワールドプレミアまで連日、イメージカットが投稿される可能性が高い。

新型クラウン特設サイトはこちら(https://toyota.jp/info/newcrown2022/)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報