TOYOTA GAZOO Racing、ヤリス クロスにGR SPORTを設定

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、「GR SPORT」のラインナップに、ヤリス クロス GR SPORTを追加し、8月8日より発売する。

●文:月刊自家用車編集部

今回の追加で「GR SPORT」モデルは合計6車種に

[写真タップで拡大]

ヤリス クロス GR SPORTは、TGRが展開するスポーツカーシリーズ「GR」が目指す“モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり”で培った知見を活かし、ボディ剛性の強化や足回りのチューニング、パワートレーンの改良により走行性能の向上を実現したモデルとなっている。

上質かつスポーティなスタイリングとSUVならではのユーティリティをそのままに、市街地からワインディングまで楽しめる実用性とスポーティな走行を両立さている。ヤリス クロス GR SPORTの開発には、WRCで勝つために開発されたGRヤリスの開発ドライバーも携わり、細部の部品にまで改良を加え、操縦安定性・応答性を向上する等、「GR」の“走りの味”を「GR SPORT」でも継承することを目指している。

「GR SPORT」の日本国内のラインナップは、このヤリス クロス GR SPORTの投入により計6車種。多様なユーザーニーズやライフスタイル、価値観に合わせて追加されている。

[写真タップで拡大]

専用剛性アップパーツ

ベース車の高いボディ剛性をより高水準なものにするため、フロア下とロアバックにブレースを追加。操縦安定性の向上とフラットな乗り心地を実現。

[写真タップで拡大]

専用サスペンション&電動パワーステアリング制御

運動性能向上に向け、車高を10mm下げるとともに、スポーツタイヤ「FALKEN FK510 SUV」を装着。同時に、ブッシュ、コイルスプリング、ショックアブソーバー、電動パワーステアリングを、よりスポーティな特性にチューニング。軽快な走りとクルマとの一体感のある操縦性を実現している。

専用パワートレーン制御&ドライブシャフト(ハイブリッド車)

モーターの過渡特性を最適化し、加速、減速時のアクセルレスポンスを向上。また、モーター駆動のレスポンスをよりダイレクトにタイヤに伝えるため、ドライブシャフトのねじり剛性を向上させ、スポーティな走りに磨きをかけるなど、パワートレーンにも改良を加えた。

[写真タップで拡大]

エクステリア

フロントのフォグベゼル、リアディフューザーを専用意匠にし、ベース車から踏襲したワイド&ローなスタイルがさらに進化。ラジエーターグリル(アッパー・ロア)、リアバンパーロアカバーには、GRの‘G’をモチーフにしたスポーティなメッシュタイプへ意匠変更したほか、専用18インチアルミホイール(切削光輝/センターオーナメント付)、及び、GR SPORT専用エンブレムを採用している。

[写真タップで拡大]

インテリア

体をしっかりとサポートしてくれるスポーティシート及び専用シート表皮(エアヌバック®※6+合成皮革)を採用し、また内装の加飾は、グロスを抑えたダークメタリック塗装に統一。

価格は、ハイブリッド車で275万円、ガソリン車で236万7000円となっている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報