ダイハツ、「タント」の改良モデルを先行公開。アクティブな「タント ファンクロス」も登場し、先行受注を開始

カスタムRS/ファンクロスターボ※画像のルーフキャリアはディーラーオプション

8月22日、ダイハツ工業株式会社は、商品力を向上させた改良モデルとなる新「タント」と、アクティブ系スーパーハイトワゴンの「タント ファンクロス」の情報をホームページ上で公開した。同時に先行受注を開始。発売は2022年秋を予定している。

●文:月刊自家用車編集部

「タント カスタム」のフロントマスクを大幅改良。「タント ファンクロス」はアウトドア向け装備を採用

カスタムRS [写真タップで拡大]

カスタムRS [写真タップで拡大]

今回公開された新「タント」は「タント カスタム」のフロントマスクを大胆にリファインしている。従来型と比べ、ヘッドランプが薄型化され、大型台形のグリルを採用しクラスを超えた存在感を実現。

ファンクロスターボ [写真タップで拡大]

ファンクロスターボ [写真タップで拡大]

「タント ファンクロス」は、ボディの前後とサイドに樹脂パーツを装着し、アクティブなイメージをプラス。ルーフレールも装備され、アルミホイールも専用デザインとなる。加えてインパネのエアコンアウトレットやドアハンドルには、遊び心のあるオレンジのアクセントをプラスしている。

カスタムRS [写真タップで拡大]

ファンクロスターボ [写真タップで拡大]

上下2段調節式デッキボード [写真タップで拡大]

防水加工シートバック(後席)【ファンクロス専用装備】 [写真タップで拡大]

また、室内の新装備として上下2段調節式デッキボードを新採用する。デッキボードの脚を立てると2段積みモードにすることが可能で、取り外してテーブルとして使うこともでき、キャンプなどアウトドアに便利な装備だ。デッキボード下にはラゲッジアンダーボックスが備わっている。なお、「タント ファンクロス」は、後席のシートバックが防水加工となっており、後席を格納してフラットにすることで、このデッキボードとつなげてぬれた荷物も気にせず積むことができる。

9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ(メーカーオプション) [写真タップで拡大]

10インチスタイリッシュメモリーナビ(ディーラーオプション) [写真タップで拡大]

さらにディスプレイオーディオも進化している。高精細化した9インチHDディスプレイを採用し、クルマに話しかける音声認識機能にも対応し、車両制御やマルチメディアなどの操作を行える。USB接続不要のワイヤレス接続によるApple CarPlayにも対応した。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報