スズキのインド子会社・マルチスズキ社が1.0Lガソリンエンジン搭載の新型「アルト」を発売

8月22日、スズキ株式会社は、現地時間の8月18日にインド子会社のマルチ・スズキ・インディア社(マルチ・スズキ社)が新型「アルト」を発売したことを発表した。

●文:月刊自家用車編集部

66.62PSを発生する1.0Lガソリンエンジンを搭載。オートギヤシフト仕様も追加

[写真タップで拡大]

今回発表されたマルチ・スズキ社の新型「アルト」は、主にエントリーカーやセカンドカーを求めている幅広い年齢層のユーザーに使ってもらえるように内外装ともにシンプルで愛着のわくデザインとしている。

[写真タップで拡大]

エクステリアは、大型のヘッドライトとグリルを採用することで親しみのあるフロントフェイスとし、流れるようなルーフラインとすることでモダンな印象としている。インテリアはグレー基調にベージュのアクセントカラーを採用し、広々とした室内空間を演出したという。また、ショルダールームやレッグスペースを延長し、快適性や乗降性を向上させ、ラゲッジの容量も従来車より32L増しとなる214Lを確保して実用性を高めたという。

[写真タップで拡大]

1.0Lガソリンエンジン [写真タップで拡大]

オートギヤシフト(AGS) [写真タップで拡大]

ボディサイズは全長3530mm、全幅1490mm、全高1520mm、ホイールベースは2380mmで乗車定員は5名。パワートレーンは、軽量・高剛性のプラットフォームに最高出力66.62PS/最大トルク89Nmを発生する1.0Lガソリンエンジンを搭載し、優れた低燃費と高い走行性能を実現した。またトランスミッションは5速MTのほか、2ペダルのオートギヤシフト(AGS)仕様も設定している。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リヤがトーションビーム式。ブレーキはフロントがディスク、リヤがドラムで、タイヤサイズは145/80R13となる。

インドにおける「アルト」シリーズは、1983年に生産開始したマルチ・スズキ社の第一号車「マルチ800」を原点として進化し続けており、同社を代表するモデルだ。2022年7月末までのインド国内におけるシリーズ累計販売台数は700万台に達している。

スズキは、この新型「アルト」の投入により、インド市場でのハッチバックラインナップを強化するとともに、初めてクルマを買う層や家族のために2台目を検討している顧客に向け、経済的かつ品質の高いクルマを提供するとコメントしている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報