「KINTO FACTORY」の対象ラインナップに、GRヤリスを新たに追加

トヨタ自動車株式会社と株式会社KINTOは、8月24日からクルマを「進化」させるサービス「KINTO FACTORY」の対象ラインアップにKINTO専用車GRヤリス“モリゾウセレクション”に続いて、トヨタ車両販売店を通じて販売されたGRヤリスを新たに追加したことを発表した。全国のGR Garageにて施工可能になった。

●文:月刊自家用車編集部

最大トルクを引き上げる「アップグレード」のほか、ユーザーに最適なセッティングを実現する「パーソナライズ」に対応

GRヤリス [写真タップで拡大]

GRヤリス“モリゾウセレクション” [写真タップで拡大]

GRヤリス“モリゾウセレクション”でこれまで提供されてきた「アップグレード」と「パーソナライズ」をベースに、新たな「アップグレード」として、最大エンジントルクを390Nmに引き上げる新サービス、「GR YARIS PERFORMANCE SOFTWARE 2.0」が用意される。

アップグレードによるトルクアップのイメージ図 [写真タップで拡大]

この「GR YARIS PERFORMANCE SOFTWARE 2.0」は、「アップグレード」で、3,200~4,000rpmにおける最大エンジントルクを390Nmに向上。加減速が多く、臨機応変さが求められるラリーで鍛え上げた技術により、あらゆるシーンで余裕のある伸びやかな加速を実現するという。

さらに「アクセルレスポンス」「4WD駆動配分」「ステアリングアシスト」を制御するソフトウェアを、ユーザーに最適な形でセッティングする「パーソナライズ」が用意され、より手軽に楽しめるよう、提供方法を拡大。ユーザーの走行データをもとに、個性や好みに合わせてソフトウェアを最適化するだけでなく、GR Garageでのコンサルティングを通じた最適化も選択可能になる。

サービス体系図 [写真タップで拡大]

トヨタとKINTOは、「『クルマをお届けして終わり』ではなく、『お届けした後お客様に寄り添い、クルマを進化させる』ことで、『クルマが、更に愛車となっていく』ことを目指しています。本サービスを通じ、モータースポーツ参戦により得た知見や技術をタイムリーにお客様へ提供することで、この取組みを促進していきます。」とコメントしている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報