DSオートモビルからパリの屋根に着想を得た、専用色のルーフを装備する特別仕様車「DS 3 CROSSBACK トワ・ド・パリ」が登場

Stellantisジャパン株式会社は9月7日、DSオートモビルのコンパクトラグジュアリーSUVであるDS 3 CROSSBACKに、TOIT DE PARIS(トワ・ド・パリ)の名を冠した特別仕様車「DS 3 CROSSBACK TOIT DE PARIS(トワ・ド・パリ) BlueHDi」を設定。同日から全国のDSオートモビル正規ディーラーにて発売することを発表した。車両本体価格は、515万6000円〜516万7000円。

●文:月刊自家用車編集部

最上級グレードである 「OPERA」 をベースに、専用のルーフカラーであるキャラットグレーを採用

[写真タップで拡大]

この特別仕様車”TOIT DE PARIS(トワ・ド・パリ) ”は、そのアパルトマンの屋根に着想を得たもので、”TOIT DE PARIS(トワ・ド・パリ)”は“パリの屋根”を意味している。

エッフェル塔やエコール・ミリテール、サクレ・クール寺院、モンパルナスタワーといったパリの有名なランドマークをモチーフにデザインされた専用のバッジをフロントノーズとフロントドアの左右に装着。 [写真タップで拡大]

小高い丘などからパリ市内を見渡すと、広い空とアパルトマンの特徴的なグレーの屋根色が日常の景色として溶け込んでいることがわかり、19世紀後半に実施されたパリの都市整備計画では、屋根の形態や外壁の石材に至るまで、こと細かく指定されていた。その“パリの屋根”は美しい街並みを造り出すユニークなシンボルとなり、著名な芸術家たちにさまざまなインスピレーションを与えてきたという。

特別仕様車”TOIT DE PARIS(トワ・ド・パリ) ”は、最上級グレードである 「OPERA 」をベースとしており、専用のルーフカラーであるキャラットグレーを採用。さらに専用の18インチホイールを装備し、フロントノーズとフロントドアの左右には専用のバッジを装着している。

これらは、エッフェル塔やエコール・ミリテール、サクレ・クール寺院、モンパルナスタワーといったパリの有名なランドマークをモチーフにデザインしたもので、パリへの旅情をかき立てる。

搭載されるパワートレーンは、最高出力130PS/最大トルク300Nmを発生する1.5LクリーンディーゼルエンジンBlueHDiを搭載し、8速オートマチックトランスミッションが組み合わされている。WLTCモード燃費は21.0㎞/Lを達成し、プレミアムB-SUVセグメントでトップレベルの性能を誇る。

ブランパールナクレ [写真タップで拡大]

クリスタルパール [写真タップで拡大]

ボディカラーはクリスタルパールとブランパールナクレの2色を設定。それぞれ車両本体価格が異なり、クリスタルパールが515万6000円、ブランパールナクが516万7000円となっている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報