日産の人気軽自動車「デイズ」「ルークス」の一部仕様が向上、抗菌仕様のシートを採用

日産自動車は、「日産デイズ」と「日産ルークス」を一部仕様向上し、同日より全国一斉に発売すると発表した。価格は、デイズが133万2100円~190万7400円、ルークスが146万3000円~209万2200円。

●文:月刊自家用車編部

好評の「デイズ」「ルークス」がさらに使いやすく

[写真タップで拡大]

「デイズ」は、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて「スモールモビリティ部門賞」を受賞し、存在感のあるデザインと広々として質感の高いインテリアや、運転支援技術「プロパイロット」「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「SOSコール」「踏み間違い衝突防止アシスト」など先進安全技術が充実しており、ユーザーから好評を得ている。

「ルークス」は、2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて「K CAR オブ・ザ・イヤー部門賞」を受賞したスーパーハイトワゴンであり、安定感の高い走行性能や広さ、使い勝手の良さなどが高く評価されている。

[写真タップで拡大]

今回の一部仕様向上では、「デイズ」「ルークス」ともにシートを抗菌仕様とした。表面に付着した菌の繁殖を抑制し、クリーンで快適な車内を保つ。さらに、両モデルとも燃費を向上している点も見逃せない。また「デイズ」は後席クッションの厚みを変更することにより座り心地もアップしている。

今回新たに「デイズ」には、撥水加工シートや「インテリジェント アラウンドビューモニター」を標準装備した特別仕様車「ファイントーン」を追加。黒とベージュのハイコントラストな特別内装と、充実の安全装備を兼ね備えたグレードだ。


「ルークス」のハイウェイスターXプロパイロットエディションには、15インチタイヤ&アルミホイールを標準設定とし、さらに魅力的なグレードとなった。またXターボグレードを新設している。

エクステリアカラーでは、「デイズ」にホワイトパール/アッシュブラウンの2トーンを、「ルークス」にはソーダブルー/アッシュブラウンの2トーンを新たに追加している。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報