新たな外装色としてミッドナイトパープルを追加、日産スカイラインの一部仕様を変更! 価格改定も合わせて発表

9月22日、日産はプレミアムスポーツセダンの「スカイライン」を一部仕様変更と価格改定し、2022年10月末より発売すると発表した。価格は514万9100円〜589万9300円。

●文:月刊自家用車編集部

新たにオプションとして「ブラウンインテリアパッケージ」を設定

日産を代表するプレミアムスポーツセダンの「スカイライン」は、多くのユーザーに長く愛されるブランドとして支持されながら、「スカイライン」史上最高の405馬力を誇る「400R」や、V6ツインターボ搭載による力強い走りをもたらす「GT Type SP」の投入など、先進技術の搭載とともに進化を遂げているモデルだ。

今回の一部仕様変更では、往年の「スカイライン」より受け継がれるDNAである「パワフルさ」や「スポーティさ」を求めるユーザーから好評の「400R」のエクステリアカラーに、新たにミッドナイトパープルを追加。またインテリアには、シックな装いとプレミアム感を演出する「ブラウンインテリアパッケージ」を新たなオプションとして設定している。

また今回の仕様変更に伴い、グレード体系の見直しと価格の改定も発表された。

エンジングレード価格
VR30DDTT(300馬力)GT Type SP514万9100円
VR30DDTT(300馬力)GT Type P486万8600円
VR30DDTT(400馬力)GT456万9400円
VR30DDTT(400馬力)400R589万9300円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報