あれも、これも、全部カングー!「ルノーカングージャンボリー2022」のフリーマーケットで見つけた手作りアイテム

2022年10月16日(日)に[山中湖交流プラザ きらら]で開催された「ルノー カングー ジャンボリー2022」。多くのカングーオーナーが集結したこのイベントの、大きな楽しみのひとつがフリーマーケット。本記事では、そこで出会った手作りカングーたちをご紹介。

●文:月刊自家用車編集部

オーナーたちの、カングー愛に溢れたアイテム!

「ルノー カングー ジャンボリー2022」の駐車スペースの一角で開催されたこのフリーマーケット。出店者は全員カングーオーナーということで、売られているアイテムもカングーにまつわる物ばかり!どんなものがあったのか、写真で一気に見ていこう。

フリーマーケットはイベントの楽しみのひとつ。 [写真タップで拡大]

【ネームタグキーホルダーと木製マグネット】
クラシカルな雰囲気がカングーらしい。 [写真タップで拡大]

【キャンドル】
使うのがもったいないくらい、キレイな色のキャンドル [写真タップで拡大]

【まな板】
カングー型の広いまな板。取っ手も付いていて使いやすい。 [写真タップで拡大]

【キーホルダーとステッカー】
発色の美しいプラスチック製キーホルダー。カラーバリエーションも豊富。「Kids in KANGOO」のステッカーは、子育て世代のオーナーに最適。 [写真タップで拡大]

【ステッカー】
売り切れ続出のリーズナブルなステッカー。トリコロールのカッティングステッカーはどこに貼るか悩むのすら楽しくなってきてしまう。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【子ども服】
柔らかいタッチのプリントが、子ども服にはピッタリ。 [写真タップで拡大]

【ミニトートバッグ】
お弁当を入れるのにちょうど良いサイズ感。デニムの風合いもイラストにバッチリ。 [写真タップで拡大]

【ステッカー】
ジャムの瓶のようなデザインが新鮮でおもしろい。 [写真タップで拡大]

【フローティングキーホルダー】
ビーチサンダルのような素材で水に浮く。フォントもかわいらしい。 [写真タップで拡大]

【デジタル腕時計 ガチャガチャ】
トリコロールがアタリらしい。特に女性に大人気。 [写真タップで拡大]

【缶バッジ ガチャガチャ】
みんな自分の愛車のカラーが出ることを祈りながら回していた。 [写真タップで拡大]

【アロマストーン】
置くだけでもかわいいのに、アロマをつければ更に良い香りも。 [写真タップで拡大]

【マグネット】
ハンドペイントのデザインがカングーのイメージにピッタリ。 [写真タップで拡大]

【ミニワッペンガチャガチャ】
布製の小物がワンポイントでかわいくなるミニワッペン。 [写真タップで拡大]

【ボタン型マグネット】
ミニワッペンが付いたマグネット。お気に入りのカラーの組み合わせを見つけるのが楽しい。 [写真タップで拡大]

【マスクワッペン ガチャガチャ】
不織布マスクに個性を出せる。繰り返し使えるのも嬉しい。 [写真タップで拡大]

【ペーパーホルダー】
カングーのシルエットが入るだけで段違いにオシャレになる。 [写真タップで拡大]

【ペット用の首輪とハーネス】
愛犬とのお散歩もカングーで! [写真タップで拡大]

【ドット絵風チャーム】
カングーの形をしっかり捉えている。窓のトリコロールもポイント。 [写真タップで拡大]

【壁掛け時計】
秒針がカングーになっている時計。エッフェル塔は12時、凱旋門は2時。 [写真タップで拡大]

【ポスターとマグカップ】
アクティブなデザインのポスター。マグカップもカラフルでかわいい。 [写真タップで拡大]

【エプロンとキーホルダー】
カングーオーナーの女性に人気だったこちらのエプロン。もちろん男性が着てもオシャレだ。 [写真タップで拡大]

【ピンバッジ】
完成度の高いピンバッジ。本家同様、充実のカラーラインナップ。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【子ども用シューズ】
革製のカングーシューズ。ソールもしっかりしており丈夫な作り。観音開きのヒールを開けて履き脱ぎする仕様だ。ちなみにコチラを作成したカングーオーナーは靴屋さん。 [写真タップで拡大]

カングーオーナーの情熱は十人十色

本当に様々なカングーアイテムを見ることができた。カングーオーナー達の熱量が形になった品々は、見ているだけで楽しくなるものばかり。カングーに乗っていなくとも、存分に楽しむことができるフリーマーケットだった。しかし最も印象的だったのは、売る人と買う人のコミュニケーションの様子。みんな「カングーが好き!」という気持ちで繋がっているので、物をひとつ買うにしても会話に花が咲くようだった。

[写真タップで拡大]

もしあなたがカングーの購入を検討しているようであれば、こんなコミュニティに仲間入りできることも、頭の片隅に入れておいて欲しい。カングーは単なるクルマではなく、ライフスタイルを彩る素晴らしい相棒として、大きな楽しみを運んできてくれるはずだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報