EV普及のボトルネックを解消する、EVチャージャーのシェアリングプラットフォーム「everiwa Charger Share」向けの専用保険が登場!

損害保険ジャパン株式会社は、パナソニック株式会社エレクトリックワークス社がEV普及のボトルネックとなっている基礎充電インフラの整備を目指し、2022年11月29日に開始する「everiwa Charger Share」向けの専用保険を開発し提供する。また、本サービスの発展・普及と、カーボンニュートラル実現を目的に設立される「everiwa」に参画することも発表した。

●文:月刊自家用車編集部

入れば安心!「everiwa Charger Share」専用保険

「everiwa Charger Share」は、EVチャージャーホストとEVユーザーをつなぐ、EVチャージャーのシェアリングプラットフォームのこと。「everiwa Charger Share」利用により、EVチャージャーホストは集客、新たな収益化が見込め、EVユーザーは移動先等でも手軽に充電ができるため、EVの普及を促進し、カーボンニュートラルの実現に貢献できる仕組みとなっている。

一方で、充電サービス利用時の物損事故、人身事故、不法駐車等のリスクがあることから、損保ジャパンはパナソニックと共同で「everiwa Charger Share」専用保険を開発し提供することとなった。

[写真タップで拡大]

専用保険の概要

[写真タップで拡大]

SOMPOグループの「”安心・安全・健康のテーマパーク”により、あらゆる人が自分らしい人生を健康で豊かに楽しむことのできる社会を実現する」というパーパス実現に向けて、損保ジャパンは「everiwa」の活動を通じてEVの普及を促進するとともに、カーボンニュートラルの実現に貢献する商品、サービスの開発、提供を目指している。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報