⾼効率で⼒強いディーゼルターボエンジンを搭載! ジープの7人乗り3列シートを採用した新型ミッドサイズSUVの受注が開始

Stellantisジャパンは、ディーゼルターボエンジンを搭載した7人乗りの新型SUV「Jeep® Commander(ジープ・コマンダー)」を2022年10月24日(月)より、全国のジープ正規ディーラーにて受注を開始している。価格は、597万円〜618万5000円。 

●文:月刊自家用車編集部

ジープのDNAと先進デザインを融合したエクステリア

Commanderは、ジープ伝統の卓越したオフロード性能を維持しながら、7人乗り3列シートを採用、乗員の快適性や安全性を高める充実した機能装備、また多彩なライフスタイルに応える荷室のアレンジ性や積載性を実現した、新世代のミッドサイズSUVと誕生した。

エクステリアは、フラッグシップモデル「Grand Cherokee L」の系統を引継ぐデザインを採用。ジープのアイデンティティのひとつであるフロントの7スロットグリルは、ヘッドライトと一体化し、安定感のあるスタイリングを実現。またヘッドライトは、前⾛⾞や対向⾞の有無を検知してロービームとハイビームを⾃動で切り替えるオートハイビームシステムや、視認性の高いシーケンシャル式のターンシグナルランプなど、最新の技術を搭載している。

ルーフ部分にはブラックペイントルーフを採用し、プレミアムな雰囲気を演出しています。

リヤコンビネーションならびにリヤバンパーのデザインは、日本未導入のプレミアムモデル「Grand Wagoneer(グランドワゴニア)」からインスピレーションを得たデザインとなっている。このほか台形のホイールアーチ、荒れた路⾯で⾞体との干渉を低減する十分な地上高など、ジープの血統を受け継ぐデザインが随所に採用されている。

ボディカラーは、パールホワイトトライコート、ヴェルヴェットレッド、ブリリアントブラッククリスタル、グレーマグネシオメタリックの4色です。前者2色にはエンペラドールブラウン/ブラック内装、後者2色にはブラック内装が組み合わされている。

すべての乗員に配慮した上質なインテリア

インテリアカラーは、シックでスポーティな印象のブラック、または品格が漂うブラウン系のエンペラドールブラウンがボディカラーに応じて組み合わされ、レザーシートはシートのサポート部に施されたダイヤモンドキルティング処理が上質なインテリアのアクセントとなっている。

運転席には10.25インチのフルデジタルクラスターを備え、運転に必要な情報をわかりやすく表示。インストゥルメントパネルの中央にはApple CarPlay®、Android Auto®に対応した10.1インチタッチパネルモニター付オーディオナビゲーションが備わり、さらに、対応するスマートフォンであれば置くだけで充電できる、便利なワイヤレス充電機能を装備。

⾞内では、すべての乗員が広々と快適に過ごすことを可能にするよう、1列⽬と2列目シートの座席間にはゆとりのあるスペースを、2列⽬と3列⽬シートにも十分なスペースを確保し、さらにそれぞれのシートにリクライニング機能を備えるなど、すべての乗員が快適な乗⾞姿勢を取れるよう設計。また最大で80度まで開く大開口ドアにより、乗降性も向上させている。

2列⽬シートはワンタッチで格納できるタンブル機能を備え、様々なアレンジを簡単な操作で行え、また荷室容量は5名乗⾞時で481L、7名乗⾞時で170Lを確保している。

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報