Jeep Grand Cherokeeにプライグインハイブリッドモデルが登場! 電気のみで最長53km走行可能、新世代車載モジュールも搭載!

Stellantisジャパンは、Jeepのフラッグシップモデル「Grand Cherokee」に、取り回しに優れた標準ボディ仕様を追加すると共に、モーターのみで最長53kmを走行できるプラグインハイブリッド車を設定し、2022年10月24日(月)より、全国のジープ正規ディーラーにて受注を開始した。価格は、8,920,000 円〜12,325,000円。

●文:月刊自家用車編集部

取り回しが良く、より使いやすくなった!

卓越した悪路走破性と、長距離ドライブも快適に楽しめるラグジュアリー・グランドツアラーとしての特性を1台に凝縮し、2022年2月に10年ぶりにフルモデルチェンジを遂げた新型「Grand Cherokee」シリーズ。そのジープのフラッグシップモデルに、新たに2列シート・5名乗車の標準ボディ仕様が登場。

全長4,900mm(Summit Reserve 2.0L 4xeは4,910mm)、全幅1,980mm、全高1,810mm、ホイールベースは2,965mmと、7人乗り仕様に対して全長が約300mm、ホイールベースが125mm短縮され、最小回転半径は6.0mを実現し、取り回し性に優れている。

[写真タップで拡大]

また、モデル初の電動化仕様となるプラグインハイブリッド車と、ガソリン車の2タイプを設定した。

プラグインハイブリッドのパワートレインは、2.0L直列4気筒ターボエンジン、電気モーター2基、350Vバッテリーパック、8速オートマチックトランスミッションで構成され、燃料消費を最小限に抑制。モーターのみで最長53km走行可能で、ハイブリッド燃料消費率は10.4km/L(WLTCモード)を達成した。

一方、ガソリン車は、2.0L直列4気筒ターボエンジンに8速オートマチックトランスミッションが組み合わされ、最高出力272ps、最大トルク400Nmを発生する。

[写真タップで拡大]

プラグインハイブリッド車では、ブレーキペダルを踏むと電気モーターによる回生ブレーキが作動し、発生した電気はバッテリーパックへと蓄えられる。また、回生ブレーキの効果を最大化する「Max Regen」機能を任意に選択することも可能。さらに、走行モードを以下の3種類から選択できる「Eセレク」機能を搭載。

[写真タップで拡大]

【HYBRID(ハイブリッド)モード】
電気モーターとガソリンエンジンを状況に応じて効率良く活用し、必要なパワーを発生しながら、燃料消費を最小限に抑制。充電レベルが高い状態では電気モーターを積極的に活用し、充電レベルが低くなると、エンジン主体のハイブリッドモードに自動で切り替わる。

【ELECTRIC(エレクトリック)モード】
モーター駆動の領域が最大限に拡大され、電気のみで最長53km走行可能。充電レベルが低くなった場合、もしくはドライバーがアクセルペダルを強く踏み込んだ場合はハイブリッドモードに切り替わる。

【e-SAVEモード】
エンジンを優先的に使用し、充電レベルを維持。目的地で静粛性の高いモーター走行を行いたい場合や、バッテリー残量を増やしたい場合に有効だ。なお、e-SAVEモードでは、Uconnectに内蔵されたハイブリッド エレクトリック ページから、「バッテリー節約」と「バッテリー充電」のいずれかのモードを選択することもできる。

最新のデザイン手法によりモダンに仕上げる

Grand Cherokeeのエクステリアは、1963年に登場したラグジュアリーSUVのパイオニア、初代「Wagoneer(ワゴニア)」にインスピレーションを得て、最新のデザイン手法によりモダンに仕上げられた「Grand Cherokee L」のスタイリングを踏襲している。なお、プラグインハイブリッドモデルの「Limited 2.0L 4xe」「Summit Reserve 2.0L 4xe」には、それぞれ専用デザインのアルミホイールが採用される。

[写真タップで拡大]

ボディカラーは、ブライトホワイト、ヴェルヴェットレッド、ダイヤモンドブラッククリスタル、バルティックグレーメタリックの4色を設定。「Summit Reserve 2.0L 4xe」では、ボディカラーに関わらずブラックペイントルーフが組み合わされる。インテリアカラーは、Summit Reserve 2.0L 4xeのバルティックグレーメタリックではテュペロ ブラウンの内装、その他のモデルにはブラックの内装となる。

[写真タップで拡大]

Grand Cherokeeにはすべてのモデルに、新世代の車載通信モジュール「テレマティックボックスモジュール(TBM)」が採用される。

TBMでは、VICS(渋滞情報)やPOI(ジャンルや施設名称による検索)、天気予報などの情報が取得できるほか、専用アプリで設定した目的地をナビに送信できる目的地送信機能、車両停車位置から最終目的地までの徒歩経路を案内するラストマイルナビゲーション、オイル量やタイヤ空気圧など、車両のコンディションに異常があった場合に通知する、ヘルスアラート機能など、カーライフが充実する便利なコネクティビティ機能を数多く搭載している。

[写真タップで拡大]

ラインナップ&価格

Grand Cherokee(2列シート・5人乗り)価格
Limited 2.0L(ガソリン)¥8,920,000
Limited 2.0L(ガソリン)サンルーフ仕様¥9,100,000
Limited 2.0L 4xe(プラグインハイブリッド)¥10,370,000
Summit Reserve 2.0L 4xe(プラグインハイブリッド)¥12,270,000
※パールコート塗装は+55,000円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報