ロータスの完全電動ハイパーSUV「Lotus Eletre(ロータス エレトレ)」の価格と仕様が発表


ロータスは今期最も期待されているモデルの1つである「Lotus Eletre(ロータス エレトレ)」ハイパーSUVの価格と仕様を発表した。

●文:月刊自家用車編集部

英国生まれ、グローバル育ち、環境にやさしい地球の友達

「Lotus Eletre(ロータス エレトレ)」は全く新しい完全電動ライフスタイルモデルで、ピュアエレクトリックSUVの最初のモデル。約75年間にわたるスポーツカーの設計ノウハウ、エンジニアリングのコア原則、ロータスのDNAを受け継ぎ、全く新しいライフスタイルカーに進化した。今年3月にロンドンで世界初公開され、英国、ドイツ、中国のロータスチームのコラボレーションにより「英国で生まれ、グローバルで育ったクルマ」だ。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ロータスカーズのグループバイスプレジデント兼マネージングディレクターであるマット・ウィンドルは次のようにコメントしている。

『メディアや顧客のフィードバックから、世間が、この車の登場に非常に興奮していることがわかります。実際、2023年の「最も期待している」新モデルとしてすでに賞を受賞しています。顧客へのデリバリーは来年上半期に開始されます。発売は、ロータスにとって自然な次へのステップです。2シーターのスポーツカーは万人向けではありません。私達は、あなたの人生のあらゆる段階にロータスを提供したいと考えています。「Lotus Eletre(ロータス エレトレ)」はその始まりです』

極上の車内空間を表現

今モデルは2つの「Qualcomm(クアルコム)8155」自動車用コックピットデジタルプラットフォームを含む、最先端の処理能力を誇っている。高度なドライバー情報モジュールでホスト処理される、カスタマイズ可能なディスプレイと、リアルなグラフィックス、10億色の高度な超薄型フローティングタッチスクリーンを搭載し、ユーザーに極上の車内体験を提供する。

また、有名な没入型オーディオ「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と「KEF」スピーカーシステムを組み合わせることで、音楽鑑賞を新しいレベルに引き上げている。ドライバーと同乗者は、アーティストと並んでレコーディングスタジオの真ん中に座っているような気分になるだろう。

[写真タップで拡大]

英国では標準で22インチのホイールを履いているが、20インチと23インチも用意。ホイールデザインは5種類、ブレーキキャリパーは6色。発売時には、ナトロンレッド、ギャロウェイグリーン、ステラーブラック、カイムグレー、ブロッサムグレー、ソーラーイエローの6つのエクステリアカラーから選択できる。インテリアには、環境にやさしく無臭で、本革よりも長持ちする最先端の革の代替品が使われており。カーペットとラゲッジマットには新しい人造繊維を採用。100%リサイクル可能で、生産工程で無駄がない。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

Lotus Eletre(ロータス エレトレ)」の価格は、ヨーロッパでは95,990ユーロから。標準仕様には、5つのドライブモード、アクティブエアサスペンション、トルクベクタリング、マトリックスLEDヘッドライト、アクティブフロントグリル、22インチ10スポーク鍛造ホイールが含まれる。

スマートフォンのワイヤレス充電、電動で調整可能な12ウェイのフロントシート、4ゾーンの自動空調、その他多くの機能が標準装備されている。 Apple CarPlay / Android Autoと1,380ワット、15スピーカーのKEFプレミアムオーディオを含む「インテリジェント・コックピット・インフォテインメントシステム」を備え、15.1インチ フルHD OLEDセンタースクリーンを介して操作可能。「Lotus Eletre(ロータス エレトレ)」の全てのバージョンは標準で5人乗りだが、エクスクルーシブシートパックの一部として4人乗りバージョンも準備している。また、量産車では世界初となる、自動運転サポートLIDAR技術も標準装備されている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報