ビンテージライクなカラーも追加! 人気のマツダ ロードスター ソフトトップモデルが一部改良、特別仕様車「Brown Top(ブラウン・トップ)」もデビュー

マツダは、小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター(ソフトトップモデル)」、「マツダ ロードスター RF(リトラクタブルハードトップモデル)」を一部改良、特別仕様車「Brown Top(ブラウン・トップ)」を追加して、予約受付を開始し、12月中旬に発売する。

●文:月刊自家用車編集部

“人生を楽しむ”ためのクルマ

ロードスターは1989年に初代がデビューして以来、4代にわたって、2人乗り小型オープンスポーツカーとしては異例の110万台以上を販売し、ユーザーの期待を超える走りの楽しさ、そしてクルマを楽しむ文化の発展のために進化してきた。

マツダ ロードスター(ソフトトップモデル)
ジルコンサンドメタリック
[写真タップで拡大]

今回の改良では、4代目ロードスターのコンセプトである「人生を楽しもうー“Joy of the Moment, Joy of Life” (ジョイオブザモメント、ジョイオブライフ)」をさらに深めることを目指し、特別仕様車「Brown Top」とボディカラーを新たに追加した。

[写真タップで拡大]

特別仕様車「Brown Top」は、品のあるブラウンの幌と、テラコッタのインテリアを組み合わせることにより、リッチな雰囲気を感じられるカラーコーディネーションとした。

また「ジルコンサンドメタリック」カラーを新たに追加。ロードスターと組み合わせることで、新たなスポーティさを表現するとともに、これまでのボディカラーとは異なる雰囲気と個性を感じることができる。

一部商品改良の概要

[写真タップで拡大]

(1)特別仕様車「Brown Top」を追加

・ソフトトップモデルに特別仕様車「Brown Top」を新たに追加。

・「S Leather Package」をベースに、下記の特別装備により、品を感じられるカラーコーディネーション。

ソフトトップ カラー:ブラウン(インシュレーター付)
電動リモコン式ドアミラー(手動可倒式):ボディー同色
ナッパレザーシート(テラコッタ)
ドアトリム/インパネデコレーションパネル(テラコッタステッチ入り)
16インチアルミホイール(高輝度塗装)

(2)ボディカラーに「ジルコンサンドメタリック」を追加

・ソフトトップモデル、リトラクタブルハードトップモデルとも、ロードスターの新たな世界観を感じさせる「ジルコンサンドメタリック」を追加。

・ビンテージライクで、ロードスターのスポーティさをより際立たせる。

価格

「マツダ ロードスター」2,689,500円 ~ 3,422,100円

「マツダ ロードスター RF」3,527,700円 ~ 3,988,600円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報