ホンダN-VANがEVに!? 100万円台の新型軽商用EVを2024年春に発売か!?

「N-VAN」ベースの軽商用EV(プロトタイプ)

ホンダは、商用からホビー用途まで、幅広いニーズに対応するクルマとして人気の軽バン「N-VAN(エヌバン)」をベースとした、新型軽商用EV(電気自動車)を2024年春に発売することを発表した。なんと価格は100万円台から実現するという。

●文:月刊自家用車編集部

軽商用EVを皮切りに軽EVを展開

ホンダは、2050年に全ての製品と企業活動を通じたカーボンニュートラルの実現を目指しており、この実現に向けて四輪車は、2030年までにグローバルで30種類のEV展開を予定している。

日本市場においては、生活を支え暮らしに欠かせないクルマとして重要な軽自動車があり、EVの普及にあたっては優先して取り組むべき領域と捉えている。中でも商用車は、環境負荷低減の観点で企業の電動化に対するニーズが非常に高いことから、ホンダはまず、軽商用EVを皮切りに軽EVの展開を考えている。

現行N-VAN 助手席ピラーレスが実現する大開口。 [写真タップで拡大]

今回発表された新型軽商用EVは、2018年の発売以来人気の高い軽商用バンである「N-VAN」をベースとしている。N-VANは、大容量の荷室空間と、助手席側のセンターピラーレスが実現する荷室空間の使い勝手の良さ、アレンジ力の高さが特長で、仕事も趣味も自分らしく生活を楽しみたいお客のニーズに対応するクルマとして好評だ。

新型軽商用EVは、この使い勝手を踏襲しながら、EVならではの高い静粛性や、ストップ&ゴーの多い交通環境に適した、力強い加速を実現。近年需要が高い街中でのラストワンマイル配送などの商用利用に加え、個人ユーザーの日常使いにも柔軟に対応する、日本の暮らしになじむEVとなることを目指している。

EVにおいて課題となる航続距離も200kmを目標としており、商用利用はもちろん、日々の買い物や通勤・通学、趣味活用などに十分対応する実用性を兼ね備えている。また、価格についても、ガソリン車と同等の100万円台からの設定とすることで、EVの普及を積極的に進める価格設定を予定している。

今後、2024年春の発売に向け、さまざまなビジネス現場における実用性の検証を予定しており、これを通じて軽商用EVとしてより一層使い勝手を磨き上げ、商品性を高めていく予定だ。EVラインナップに気になる存在が追加されそうだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報