トヨタが、燃料電池自動車のMIRAIを一部改良し発売!ディスプレイオーディオの使い勝手を向上

Z(フォースブルー マルティプルレイヤーズ)<オプション装着車>

トヨタは、燃料電池自動車(FCEV)MIRAIを一部改良し、12月19日に発売を開始した。価格は7,106,000円~8,600,000円。

●文:月刊自家用車編集部

主な改良点

FRならではのスポーティで躍動感のあるフォルムやFCEVの瞬時に立ち上がるパワー、次世代基準の安全・安心サポート機能などが人気のトヨタMIRAIが、一部改良し発売される。

今回の一部改良では、コネクティッドナビ対応ディスプレイオーディオの使い勝手の向上や、フロントドアガラスにIRカットと高遮音性の機能が追加された。

ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plusを搭載。全画面表示が可能な高精細HDワイドディスプレイに加え、クルマがWi-Fiスポットになる「車内Wi-Fi」を採用。 [写真タップで拡大]

価格は7,106,000円~8,600,000円となっている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報