これぞ走る家!全長は8メートルのヴィンテージキャンピングカーがオークションに!LOT No.11「1973 Sportscoach」

株式会社BH AUCTIONは、和歌山県かつらぎ町の人気アウトドアショップ「Orange」とコラボレーションしたオークションを、日本最大級のネットオークションサービス「ヤフオク!」で、2023年1月16日(月)から22日(日)まで開催する。出品されているのは「Orange」を経営する池田道夫さんがコレクションしていた、アウトドアを感じさせるオシャレなヴィンテージカー(13台)だ。

●文:月刊自家用車編集部

クラシカルな大型キャンピングカーが1円オークションに!

[写真タップで拡大]

そのボディサイズから圧倒的な存在感を放つのが、この「シボレースポーツコーチ」だ。それもそのはず当個体はキャンピングカーの中でも最大級の大きさとなる所謂フルサイズキャンパー。

[写真タップで拡大]

全長は8メートルとなっており、迫力満点なルックスはもちろん、あらゆる快適装備が備えられた、まさに走る家と呼ぶにふさわしい車となっている。

[写真タップで拡大]

この車を手がけた「スポーツコーチ」は1968年に起源を持つ、キャンピングカーに特化したコーチビルダーだった。1978年には「コーチマン」によって買収されるが、現在でも「スポーツコーチ」ブランドとして、フラッグシップモデルが製造されている。

[写真タップで拡大]

現在でもその名を残す「スポーツコーチ」であるが、当個体は同メーカーが買収前に製造したオリジナルモデルということで非常に高い希少性を誇る。実際にアメリカ本国でもこの年代に製造された「スポーツコーチ」は個体数が著しく減少している。

[写真タップで拡大]

そしてこの「スポーツコーチ」には、当時の一般的なモーターホームと一線を画す革新的な設計が採用されていた点にも注目したい。当時、他メーカーのモーターホームのボディ設計は、基本的に木造の建築技術が用いられ、木製のフレーム等が使用されることも珍しくなかった。

[写真タップで拡大]

それに比べ「スポーツコーチ」は、航空機に使用されていた製造技術を取り入れることで、軽量かつ丈夫なボディを作り上げたのである。フレームにはアルミなど金属が多く使用され、当時のカタログを見てもその耐久性の強さが強調されている。そして特徴的な突き出たノーズも、空気抵抗を減らす目的でデザインされており、航空機らしいエアロダイナミクスの技術が応用されている。また壁の中にポリウレタン素材を用いることで、断熱効果向上も測られている点も当時としては先進的だった。

[写真タップで拡大]

当個体は内装が前のオーナーによって大幅に作り替えられており、外装とは裏腹に現代的な快適装備を備えている点もポイントだ。外付けの発電機に加え、冷蔵庫、電子レンジを装備し、日本規格のコンセントまで備えている。シンクキッチンも広々としてキャンプ先でも本格的な料理が楽しめる。

[写真タップで拡大]

ベッド類はフルフラットへ変形する大きなソファを二つ備え、居住スペースの上部の棚を展開すれば、もう一つベッドが出現するようになっている。十分なスペースが確保されており、6人くらいまでなら快適に過ごせるだろう。しかし、最後尾のトイレに至ってはまだレストア前となっており、排水用のパイプも外されている。国内で使用するためには、タンクを備えたトイレに作り替える必要がある。

[写真タップで拡大]

エンジンにはシボレー製が使用されており、パーツ類の入手難度は低い。しかし、そのボディサイズの大きさから、運転は難しく、実用性に関しては、お世辞にも良いとは言えないだろう。とはいっても、その充実した装備と広々としたスペースによる快適性、そして「スポーツコーチ」が製造した希少な個体であるということを考えれば、一つ頭の抜きん出た魅力を放つ車両であるということは間違いない。

出典:BINGO
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報