​『北斗の拳』ラベル・ウイスキーに続編!「トキ」と「ジャギ」が数量限定で登場!

株式会社⼩学館集英社プロダクションは、『​北斗の拳』ラベル・ウイスキーを、2023年1⽉16⽇(⽉)昼12時より、ウイスキー専⾨サイト「WHISKY MEW(ウイスキーミュウ)」にて抽選による販売を開始する。

●文:月刊自家用車編集部

北斗四兄弟の次兄「トキ」、三兄「ジャギ」がウイスキーに!

「おまえはもう死んでいる!!」等の名ゼリフや、数多くの人気キャラクターが登場した『北斗の拳』。2020年9月にWHISKY MEWよりリリースした「ケンシロウ」と「ラオウ」のラベル・ウイスキーは大好評で即時完売した。そして2023年、続編としてリリースされるのは、北斗四兄弟の「トキ」と「ジャギ」だ。

[写真タップで拡大]

北斗四兄弟の次男で、北斗神拳の伝承者に最も近いといわれた「トキ」。心技体どれをとっても非の打ちどころない人格者です。ところがケンシロウとユリアをかばい、死の灰を浴びて病となり、「おれは拳法家としてより、北斗神拳を医学のひとつとして活かしたいのだ」と、世界を旅して人々を救うために医学の道に進む。

一方、北斗四兄弟の三男の「ジャギ」は、突き抜けた悪党。胸に7つの傷を刻んでケンシロウを騙り、襲った人に決まって胸の傷を見せながら言う、「おい、おまえ、おれの名をいってみろ」の名ゼリフ。極悪非道なのに惹かれる悪役だ。

ウイスキー評論家の山岡秀雄氏が、北斗神拳のふたりにシングルモルトを選んだ。「トキ」のウイスキーは「ブナハーブン2010」。ピート香の強い他のアイラモルトの中でもやわらかな特徴のブナハーブン蒸留所。このブナハーブンはピートタイプで、シェリー樽熟成なので、あたたかい印象でリラックスできる飲みやすいシングルモルトだ。

「ジャギ」のウイスキーは「ハイランドモルト2000」。世界的に人気があるハイランドモルトで、蜜蝋やワックスの印象がある独特のオイリーさがあり、また飲みたいと思わせる求心力のある蒸留所のシングルモルトで、シェリー樽熟成だ。

ふたりの個性に、ふたつの個性のウイスキー。飲みながら、『北斗の拳』の名脇役たちの生き様を読み返したくなるに違いない。

『北斗の拳』ラベル・ウイスキー概要

ともに原材料はモルト。原産地はスコットランド(英国)。

■「トキ」ラベル/ブナハーブン2010
価格 25,300円
総本数234本
700ml
熟成年数11年
アルコール度数51.8%。

■「ジャギ」ラベル/ハイランド シングル モルト2000
価格 26,400円
総本数216本
700ml
熟成年数21年
アルコール度数52.3%。

出典:PRTIMES
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報