まるも亜希子の「家族のクルマ選び!」便利・快適・高コスパ!軽自動車のエリート【スズキ アルト】

運転のしやすさや、使い勝手の良さ、経済性の高さを兼ね備えた実用的な軽自動車として、1979年に登場した初代アルト。「47万円で買える新車」として、当時大いに話題になったことをご存知の方も多いはず。ベーシックなセダンタイプの軽自動車として、長年にわたって愛されてきたアルトですが、現行型の9代目は家族のためのクルマとしても大いに魅力的になっていますよ。

●文:まるも亜希子 ●まとめ:月刊自家用車編集部 ●写真:澤田和久

アルト初のマイルドハイブリッド搭載車

2トーンカラーが選べるのは嬉しいところ!マイルドハイブリッド車なら、標準色プラス4万4000円高で選べますよ。 [写真タップで拡大]

誕生から40年以上、軽自動車のスタンダードモデルとして人々の暮らしを支えてきたアルトの最新モデルは、経済性と実用性を徹底的に磨くことに加えて、高い安全性を備えたところが大きなポイント。周囲の歩行者やクルマを検知するカメラなどを付けるため、全高を少し高くしてフロントガラスの面積を確保。結果的に室内のゆとりも生まれて、2〜3人家族なら十分な空間と、荷物を積むスペースもしっかり確保できます。

ドア開口部が20mm拡大したことで、乗り降りもしやすくなりました。収納では紙パック飲料も置けるドリンクホルダーや、サッと出し入れしやすいインパネトレイ、USBで充電したままスマホを置くのに便利なポケットなど、使いやすさ抜群。後席は左右一体式ですが、倒せばラゲッジを拡大して大きな荷物も積み込めます。

そして最新モデルは、アルト初のマイルドハイブリッドを設定。減速時のエネルギーを利用して発電し、充電した電力で加速時にアシストすることで、軽快な走りと27.7km/Lの低燃費を両立。より快適な運転ができるようになりました。また、デュアルカメラブレキサポートや前後の誤発進抑制機能をはじめ、8つの先進安全装備を全車に標準装備。標識認識機能、全方位モニター用カメラ、ヘッドアップディスプレイもオプションで設定され、高額なナビを買わなくてもディスプレイオーディオでバックカメラが使えるようになっているのが良心的ですね。

小さくて維持費をミニマムに抑えられて、1人で乗ることも多いという方にアルトはぴったり。ツートーンカラーのボディカラーがあるのもオシャレです。

スズキ アルト

●登場年月(最新改良):2021年12月(―)
●価格帯:94万3800~137万9400円

主要諸元 アルト HYBRID X(FF・4人乗り)
●全長×全幅×全高(mm):3395×1475×1525 ●ホイールベース(mm):2460●車両重量(kg):710●パワーユニット:0.657L直列3気筒DOHC(最高出力:49PS/6500rpm、最大トルク:5.9kg・m/5000rpm)+モーター(最高出力:1.9kW/1500rpm、最大トルク40Nm/100rpm)●トランスミッション:CVT●WLTCモード燃料消費率総合(km/L):27.7【市街地モード:24.0、郊外モード:29.2、高速道路モード:28.6】●燃料タンク(L):27(レギュラー)●サスペンション前/後:マクファーソンストラット式/トーションビーム式●ブレーキ前/後:ディスク/リーディングトレーリング●最小回転半径(m):4.4●タイヤサイズ:155/65R14 [写真タップで拡大]

まるも的視点「アルト」ここがいいね!

ここが○!
便利・快適・高コスパ!3拍子揃った軽自動車のエリート

ここが×!
後席が左右独立してシートアレンジできたらもっといいのに [写真タップで拡大]

ここがいいね!ピックアップ

先代比で全高50mm、室内高45mm、室内幅25mm拡大されているから居住性もアップ! [写真タップで拡大]

可愛さを感じさせながらも、ボーイッシュな印象のヘッドライト。男性にもウケそうですね。 [写真タップで拡大]

全方位モニター付ディスプレイオーディオ装着車ならUSB 電源も十分な数ですよ。 [写真タップで拡大]

後席用のカップホルダーが装備されているのも嬉しいところ。きちんと2名分ありますよ。 [写真タップで拡大]

メーカーOPのヘッドアップディスプレイで運転がさらにしやすく。視線移動が少ないのが◎ [写真タップで拡大]

環状構造骨格や高減衰マスチックシーラーを採用することでボディ剛性や静粛性を向上。 [写真タップで拡大]

全方位モニター付ディスプレイオーディオ装着車なら7インチのDAを搭載。高機能です。 [写真タップで拡大]

航続可能距離や後席シートベルトリマインダーなどの表示を行うディスプレイも装備。 [写真タップで拡大]

乗り心地や荷室をチェック

見晴らしの良いルーミーな車内。インパネシフトのため前席も足元スペースが広く、運転席から助手席への移動もしやすいですよ。 [写真タップで拡大]

開口部が広くて荷物の積み下ろしがしやすい荷室。でも、少し残念なのは後席シート格納が左右一体式なこと……左右分割なら満点です。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報