テラモーターズ、RE100参加企業に100基のEV充電インフラを無料提供

  • 2022/09/14
  • Terra Motors株式会社[PR TIMES]

※このページは、自動車関連企業等より配信されたパブリシティリリース記事をそのまま転載しております。掲載内容に関するお問い合わせ等につきましては、直接リリース配信元までお願いいたします。

再生可能エネルギーとEVの導入でカーボンニュートラル実現をサポート

EVをもっと身近にすることを目指してEV充電インフラ「Terra Charge」(https://terramotors.co.jp/terra-charge/)を提供するTerra Motors株式会社(本社:東京都港区、取締役会長:徳重徹 / 代表取締役社長:上田晃裕、以下、テラモーターズ)は、RE100参加企業に対してEV充電インフラの導入提案を開始するにあたり、先着で100基の無料提供を行ないます。

背景
テラモーターズは、2035年までに乗用車新車販売における電動車比率を100%とする政府目標の実現に向けて、日本のEV化を進めるために、特に既設分譲マンションでの合意形成課題を解決する、導入無料のEV充電インフラ「Terra Charge」事業を2022年4月にスタートしました。この度、既設分譲マンションについては続々と導入が決定しているため、既設分譲マンション以外への導入提案を進めております。
一方、2050年までに日本の温室効果ガスを実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を達成するという政府方針を受け、企業が脱炭素経営に取り組む動きが加速しています。企業が事業活動に必要な電力の100%を再生エネルギーで賄うことを目指す国際イニシアチブ「RE100」は、日本企業の参加数が世界第2位、アジア第1位(※)となっており、ESG投資の潮流を見据えた再生可能エネルギーの導入が広がっています。
EV化においては世界に後れを取っている日本ですが、再生可能エネルギーの導入を目指す企業は世界的に見ても多く、再生可能エネルギーとEVの導入は、サプライチェーンも含めたCO2排出量の削減に直結する施策として、脱炭素経営に欠かせないものとなっています。テラモーターズはEV充電インフラを先着100基無料提供することで、RE100参加企業のEV導入を支援し、日本のEV充電環境の拡充と脱炭素社会の推進を目指します。
(※)参考:環境省「脱炭素経営に向けた取組の広がり」2022年3月31日時点より

無料提供の内容
先着で合計100基のEV充電インフラを設置いたします。スマートフォンアプリから利用が可能なため、あらゆるユーザーにとって使いやすく、管理者側も管理しやすいインフラを提供してまいります。

今後の展開
先着100基の無料導入を進めながら、引き続き周辺領域への無料導入についても展開予定です。日本のEV充電インフラを担うべく、導入・運用がしやすいインフラとして、画期的なソリューションとなることを目指します。

Terra Chargeとは
テラモーターズが2022年4月より開始した電気自動車向けの充電インフラです。EVの充電設備だけでなく、充電時間の設定や料金決済を行う専用アプリ、管理クラウド、サービスの導入のためのご説明、充電設備の設置工事、ハードおよびソフトの管理運営までを一貫して担います。「Terra Charge」によって、日本でEVがもっと身近になる環境づくりを目指しています。
Terra Charge サービスページ:https://terramotors.co.jp/terra-charge/

Terra Motors株式会社 会社概要
設立:2010年4月
資本金:19億円(資本準備金含む)
所在地:〒105-0004 東京都港区新橋3-9-10
URL:https://terramotors.co.jp/
事業概要:テラモーターズは、「新産業を創造し、社会をより便利にする」ことをミッションに掲げ、持続可能な e-Mobility 産業におけるリーディングカンパニーを目指す、日本発のグローバルベンチャーです。電気自動車(EV)向け充電インフラ構築、及びEV2輪・3輪の開発から販売までの全行程を行います。日印を本拠点に、日本、南アジア、東南アジアにおけるモビリティ・プラットフォームを実現し、テラの強みである共創文化によって、EVがより身近な世界の実現に向けて貢献してまいります。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報