車両搬送用AGVロボットによる自動バレーパーキング実証試験(フェーズ2)を開始 新開発のスマートフォンアプリで入庫から出庫までの全過程を無人化

  • 2022/11/21
  • 三菱重工業株式会社[PR TIMES]

※このページは、自動車関連企業等より配信されたパブリシティリリース記事をそのまま転載しております。掲載内容に関するお問い合わせ等につきましては、直接リリース配信元までお願いいたします。

◆ 今年6月の実証試験に続き、千葉県のアウトレットモール駐車場で発展的な実証試験を実施
◆ 利用者の駐車待ち時間短縮や利便性向上に寄与し、ショッピングや食事を楽しむ時間を新たに創出

三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)と三菱重工グループの三菱重工機械システム株式会社(社長:池田 直昭、本社:神戸市兵庫区)は、フランスのベンチャー企業であるスタンレーロボティクス社(Stanley Robotics、以下、SR社)の車両搬送用AGV(Automated Guided Vehicle)ロボット“Stan”を用いた自動バレーパーキングの実証試験(フェーズ2)を、千葉県印旛郡酒々井町のアウトレットモール「酒々井プレミアム・アウトレット」で18日から開始します。

今年6月に実施した、国内商業施設における日本初の自動バレーパーキング実証試験(フェーズ1)1では、AGVロボットによる搬送性能の検証ならびに利用満足度の評価を行いました。その内容を発展させた今回の実証試験(フェーズ2)では、新たに開発したスマートフォンアプリを導入し、入庫・車両搬送・駐車・出庫の全過程を無人で実行する自動バレーパーキングの実証を行います。今回の実証試験も、三菱地所グループの協力の下、三菱地所・サイモン株式会社(本社:東京都千代田区)が開発・運営する酒々井プレミアム・アウトレットの関係者駐車場を利用し、施設関係者車両を対象に実施します。

今回の実証内容を社会実装することで、利用者が出庫する際、スマートフォンアプリにより自車の出庫状況や混雑状況を確認でき、駐車待ち時間を大幅に短縮できます。また、鍵をかけたまま車両を預けることができるため、利便性の向上と新型コロナウイルスの感染リスク低減に寄与します。一方、事業者にとっても、利用者に商業施設内でのショッピングや食事を楽しむ時間を創出するという新しい価値を提供できるメリットがあります。当社グループでは、国内の商業施設や空港、テーマパーク、複合施設、病院などで新しい駐車場の形となる自動バレーパーキングサービスを利用できるよう、本実証で得られた知見を踏まえつつ、早期の事業化・社会実装に向けた取り組みを進めています。

三菱重工グループは、2021事業計画で掲げる成長戦略の一環として、カーボンニュートラル社会の実現に向けた「社会インフラのスマート化」によるソリューションビジネスの開拓に取り組んでおり、本プロジェクトは「CASE化2を支えるインフラ」をテーマとするさまざまな取り組みの1つに相当します。また、当社グループは、車両搬送用AGVロボットによる自動バレーパーキングサービスを人々の生活の中へいち早く提供することを通じ、安全で快適かつサステナブルな社会の実現に貢献していきます。

※1 今年6月の国内商業施設における日本初の自動バレーパーキング実証試験について、詳しくは以下プレスリリースをご覧ください。
https://www.mhi.com/jp/news/220613.html

※2 Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)の頭文字をとった造語で、安全で利便性の高い次世代型モビリティ・サービスを構築するための自動車産業界における技術トレンドのことです。

AGVロボットによる自動バレーパーキングコンセプト】
(1)入庫:お客様は施設近接に設けられた「バース」に駐車。車両を乗り捨てる感覚で駐車でき、雨の中や重い荷物を持ったまま遠い駐車場まで歩く、駐車スペースを探すといった煩わしさから解放されます。
(2)自動搬送:AGVロボットがロボット駐車エリアに自動搬送。限られた駐車エリアを効率的に利用し、収容効率をアップ。区画された駐車エリア内に保管することで、駐車場内の事故や車上荒らしを防止します。
(3)出庫予約:お帰りの際はスマートフォンアプリで出庫予約。予約時間に合わせて、車両をバースまで自動搬送。お客様は搬送状況をアプリで確認、出庫までの時間を買い物、食事などに有効活用いただけます。
(4)出庫:バースに車両を準備。お客様は待ち時間なく広々としたバース内で荷物を積み込み、ストレスのない快適な出庫が可能です。

自動バレーパーキングコンセプト図自動バレーパーキングコンセプト図
【自動バレーパーキング実証(フェーズ2)について
・場所:酒々井プレミアム・アウトレット P9駐車場内
・日時:2022年11月18日(金)から12月18日(日)(予定)

実証エリアの地図とスマートフォンアプリ画面のイメージ実証エリアの地図とスマートフォンアプリ画面のイメージ
【Stanley Robotics社について】
Stanley Robotics社は、フランス・パリに本社を置く2015年創業のベンチャー企業で、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせた屋外物流の新たなソリューションを提供しています。自律して自動車を持ち上げ・搬送するロボットと、駐車状況を高度に管理可能なソフトウェア技術を駆使した自動バレーパーキングサービスを世界に先駆けて展開しており、ロボティクスによる屋外物流の劇的な変革をもたらすべく事業に取り組んでいます。詳しくは同社HPをご覧ください。
https://www.stanley-robotics.com/

Stanley Robotics社製 AGVロボット”Stan”Stanley Robotics社製 AGVロボット”Stan”


■三菱重工業株式会社
ウェブサイト:https://www.mhi.com/jp/
オンラインマガジン「SPECTRA」(日本語):https://spectra.mhi.com/jp
公式Twitter:@MHI_GroupJP

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報