東京オートサロン2022の前にプチイベント気分を味わおう、データシステムのバーチャルブースに大注目!

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

主要製品の特徴が分かりやすく紹介されている

自動車アフターパーツ総合メーカーのデータシステムがWEB上でイベントの雰囲気を味わえるバーチャルブースを1月11日から公開している。

2022年東京オートサロン、大阪オートメッセなど年初のアフターパーツイベントへの出展を行わない代わりに、主要製品ラインナップをイベントブースを模して紹介する形だが、主要製品の特徴が動画などでとてもわかりやすく説明されていてとても面白い。

人気のジムニー用オリジナルパーツや、開発中のドライブレコーダーなど、見どころは満載だ。新型コロナウイルスの第6波が近づく中、イベントの雰囲気を味わいたい人にはうってつけのサイトとなっている。サイト自体が軽くサクサク見れるのも嬉しいポイントだ。まずは一度チェックしてみよう。

ブース内容を少しだけ紹介

前後2カメラ|ドライブレコーダー

▲最新の前後2カメラモデルのドライブレコーダー。製品紹介ムービーもあるので、知りたい情報をゲットできる。 [写真タップで拡大]

ブレーキの踏み間違い防止

▲踏み間違いによる急発進を防止してくれるアクセル見守り隊やペダルの見張り番Ⅱなども動画で詳細に紹介。 [写真タップで拡大]

ルームミラー型

▲現在開発中のルームミラー型ドライブレコーダー情報も。11.88インチで見やすさも注目されている。 [写真タップで拡大]

ジムニー用

▲スズキ ジムニー用のオリジナルパーツ。大人気のオリジナルフロントグリルをはじめ、各種カメラキットも紹介。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報