12年振りに日本再上陸!ヒュンダイ改めヒョンデとして、乗用車市場に2台の新型車を投入!

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

車両選びから配送まで、全てオンラインで完結

Hyundai Mobility Japan株式会社(Hyundai Motor Company 100%子会社)は、2022年2月8日(火)日本の乗用車市場への12年振りの参入を発表した。

今回、日本市場には環境に配慮したZEV(Zero Emission Vehicle)EV「IONIQ 5」とFCEV「NEXO」の2車種を投入。販売方法は、時間と場所の制約を受けないスマートな車両購入が可能なオンライン販売。これは車両選びから、試乗予約、見積もり、注文、決済、配送情報の確認まで全てをオンラインで完結する「One ID」を採用することで可能としている。ウェブサイト(http://www.hyundai.com/jp)およびアプリにて、2022年5月よりオーダー受付開始、7月からデリバリーが開始される予定だ。

日本市場は電気自動車と燃料電池車で勝負

2009年12月の日本の乗用車市場からの撤退後、Hyundaiは世界各国でビジネスを拡大し、デザイン・性能・品質、さまざまな面で進化させてきた。 世界規模で高まる環境配慮への意識や、一人ひとりが個人の価値観を重視した商品選択を行う傾向の高まりを背景に、日本社会の変化に対応する商品としてZEV2車種を投入することとなった。

また、日本での乗用車市場への参入と新しいビジネスモデルの構築にあたり、日本法人の社名を「現代自動車ジャパン株式会社」から「 Hyundai Mobility Japan 株式会社 」へと変更も発表された。環境への配慮を意識したZEV販売、ウェブサイトとアプリを組み合わせたオンラインプラットフォームの展開など、「モビリティ全般に対してサービス」を提供するモビリティカンパニーとして進化していく思いが込められている。

IONIQ5 (EV)

●IONIQ 5 / IONIQ 5 Voyage / IONIQ 5 Lonunge / IONIQ 5 Lounge AWD
●メーカー希望小売価格:479万円〜589万円

ヒョンデの電気自動車専用の新しいブランド「IONIQ(アイオニック)」。IONIQ 5は、IONIQブランドの最初のモデルとして誕生し、サステナブルで革新的な機能を備えた、電気自動車と共にあるライフスタイルを再定義するモデルとなっている。 最先端のテクノロジーで、新しいエクスペリエンスを提供してくれる。

IONIQ5

SPEC(抜粋)
■全長×全幅×全高 (mm):4,635×1,890×1,645 ■室内長×室内幅×室内高 (mm):2,013×1,631×1,209 ■最低地上高(mm):160 ■駆動方式:2WD(後輪) ■一充電走行距離(WLTCモード/自社測定値)(wh/km):498〜618 [写真タップで拡大]

▼大容量の補助バッテリーになる

室外V2L
[写真タップで拡大]

最大1.6kWの消費電力を提供する室外V2L機能により、様々な電気製品の使用が可能。アウトドアでも活躍。

室内V2L
[写真タップで拡大]

後部座席下部の室内V2L(100Vコンセント)を使用すれば、車内でバッテリーの心配なく電子機器の使用が可能。

リモートスマートパーキングシステム
[写真タップで拡大]

リモートスマートパーキングシステム(RSPA)駐車補助機能を有効にした状態で 、案内に従いスマートキーの作動ボタンを押すだけで、車両は自動で駐車。縦列駐車と並列駐車の両方が可能。

NEXO(FCEV)

●メーカー希望小売価格:776万8300円

水素と酸素の化学反応により、走行時においていかなる汚染物質も発生させずエネルギーと水だけを生み出す。走行しながら大気汚染物質までも除去する、究極を目指したエコカー。「未来の自動車技術をかたちに」という開発思想のもと、進化した技術によって完成した未来のモビリティとなっている。

NEXO(FCEV)

SPEC(抜粋)
■全長×全幅×全高 (mm):4,670×1,860×1,640 ■室内長×室内幅×室内高 (mm):1,923×1,530×1,228 ■最低地上高(mm):162 ■100%充填基準走行可能距離:820km [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報