とにかく楽しい!無性に出掛けたくなるクルマ【SUBARU 新型フォレスター】

4WDを磨いてきたスバルの中でもSUV純度が最も高いのがフォレスターだ。タウンユースだけではもったいない。旅にレジャーに、行動範囲を拡げてくれるのが醍醐味だ。今回は都会の喧噪を逃れて少々足を延ばし、その走りをあらためて味わった。

●文:川島茂夫 ●まとめ:月刊自家用車編集部 ●写真:奥隅圭之

新型フォレスター
新型フォレスター

今回の試乗車…フォレスター スポーツ ●車両本体価格:330万円 ●ボディカラー:カスケードグリーン・シリカ

■主要諸元(フォレスター スポーツ) ◎全長×全幅×全高:4640×1815×1715 〜1730㎜ ◎ホイールベース:2670㎜ ◎トレッド(前/後):1565 / 1570㎜ ◎最低地上高:220㎜ ◎車両重量:1570 〜1660㎏ ◎最小回転半径:5.4m ◎パワートレーン:1995㏄水平対向4気筒DOHC直噴ターボ ◎最高出力/最大トルク:130kW(177PS)/ 300Nm(30.6㎏·m) ◎トランスミッション:CVT ◎燃料タンク容量:63ℓ(無鉛レギュラーガソリン) ◎WLTCモード燃費:13.6㎞/ℓ ◎タイヤサイズ:225 / 55R18(オールシーズンタイヤ) [写真タップで拡大]

快適な走りと行き届いた装備が”もっと先へ”と誘う

初代は1997年に登場し、オン/ラフロード性能の高レベルでの両立やアウトドアレジャーに適したキャビン設計を特徴にしていた。現行型で5代目となるが、初代が掲げた基本コンセプトを護り、進化発展したのを実感する。

高いアイポイントと見晴らし良いウインドウ開口を備え、頭上もヒザ周りも余裕がある。荷室は平面寸法も高さもたっぷり確保。悪路走行後も裾汚れを気にせず乗降できるドア設計や、4WDシステムには悪路向けに「雪上/ダート」と「深/泥濘」の2モードを備えたX-MODEを採用。最低地上高はクラス最大級の220㎜。長距離走行をストレスなくこなすための信頼のアイサイトは最新型。まさにアウトドアレジャーを堪能するためのスペシャリストといった内容だ

新たな魅力として5代目から追加されたグレードが「スポーツ」だ。レヴォーグでデビューした新世代エンジンの1.8ℓ直噴ターボを搭載するとともに、サスチューニングも専用設定として走行性能の向上を図っている。ただし、フォレスターの基本コンセプトを損なう部分は皆無。スポーツと聞けばローダウンのハードサス仕様を想像するが、最低地上高も含めた悪路対応の寸法諸元はe-BOXER車と共通である。

サスチューンは高速での落ち着きと山岳路での馴染みのいい扱いやすさを重視。”いなし”の巧みさを基本としたフットワークなので前後席ともに乗り心地もおだやか。

そこに直噴ターボだ。ターボらしい伸びやかな加速も魅力のひとつだが、NA3ℓ級の最大トルクを活かした余裕と扱いやすさも印象的。平地巡航では1500回転、加速では緩やかなダウンシフトを併用するが、繋がりのいい回転変化も伸びやかなドライブフィールを後押し。エコ時代のファントゥドライブの妙味といった感じだ。電動技術を用い先進感のあるドライバビリティを示すe-BOXER車も魅力的だが、スポーツが示した全天候全路面対応ツーリング性能と良質なファントゥドライブは、スバルの新しい走りの象徴といっても過言ではない。

最新装備と充実したアウトドア機能を備える

SUBARU フォレスター

●価格:293万7000 〜330万円 ●発表年月(最新改良):’18年6月(’21年8月)

SUBARU|フォレスター

シンメトリカルAWDが主流のスバル車の中でも、SUVの基幹車種として最もアウトドア寄りのポジションを占める。2ℓ+モーターのe-BOXERと1.8ℓ直噴ターボをラインナップ。この8月にデザインやアイサイトをはじめとする機能装備のアップデートを実施した [写真タップで拡大]

頼もしいパワートレーン

ハイブリッドとターボの2本立て

1.8ℓ直噴ターボ
e-BOXER

パワートレーンは水平対向4気筒ボクサーエンジン+リニアトロニックCVT。e-BOXER車は状況に応じた変速制御を行うe-アクティブシフトコントロールを標準搭載、1.8ℓ直噴ターボ(写真左)のCB18エンジンも選べる。 [写真タップで拡大]

SUVならではの使い勝手

遊び道具もしっかり積める

トランク|リヤシート

スクエアな荷室は容量509ℓ(スポーツは520ℓ/VDA法)。6:4分割可倒式の後席を格納するとフラットフロアに。なお、タープ等を結べるロープホール付きルーフレールを標準装備し、パワーリヤゲートをOP設定する。 [写真タップで拡大]

クリーンサイドシル

ドアがボディ下部まで覆うクリーンサイドシルにより、乗り降りの際にズボンやスカートの袖が泥などで汚れる心配がない。 [写真タップで拡大]

格納スイッチ

荷室側面には後席格納スイッチのほか、DC12V/120W電源ソケット、カーゴサイドフックとカーゴフックをそれぞれ左右2カ所ずつ設置。 [写真タップで拡大]

スバル自慢の4WDシステム

インパネ
X-MODE

シンメトリカルAWDには4輪を統合制御するX-MODEを備える。約4〜20㎞/hで使えるX-MODEをONにすると、ヒルディセントコントロールも作動する。 [写真タップで拡大]

安全·快適な運転支援

アイサイトツーリングアシスト

アイサイトツーリングアシストを標準搭載。区画線と先行車の両方を認識し、高速道路等の幅広い車速域(*:0~約120㎞/h)で加減速と操舵をアシストしてくれる。 [写真タップで拡大]

新世代アイサイト

広角ステレオカメラの採用やソフトウェアのアップデートを実施した新世代アイサイトを搭載。新採用のステアリング連動ヘッドランプと相まって、安全性が向上している。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報