全128車種オールアルバム、走り爽快WRX S4、ロングドライブで分かった新型ノアの実測燃費など盛りだくさん【月刊自家用車5月号 3/26発売】

月刊自家用車5月号(3/26発売)では、まもなく国内でも発表されるMAZDAの新型モデル”CX-60”詳報をはじめ、SUBARUの新型WRX S4やBRZ雪上ドライブなどの魅力深掘り研究、注目の電動自動車のSUVモデル5連発紹介など、今知りたいホットな情報を一挙紹介。働くクルマ(商用車)にスポットを当てた特別企画の「月刊商用車通信」や、クルマ購入時のマストアイテムとなっているカーナビ&ドラレコ特集、販売台数ランキングなど、見どころ満載の内容で発売中だ。

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

MAZDAの新世代戦略モデルの第一弾[CX-60]が欧州で発表、国内仕様は4月発表予定

cx-60

[写真タップで拡大]

かねてから、マツダの次世代戦略モデルとしてアナウンスされていた、“ラージ商品群”の第一弾モデル「 CX-60」が欧州で発表された。この仕様のまま国内に投入されるかは不明だが、いずれにせよ従来のマツダSUV以上の内容が盛り込まれるのは間違いない。欧州仕様の全長は4,745mmでCX-5とCX-8の中間となる外観デザイン、ホイールベースはCX-5よりも170mmも長い。日本仕様車はPHEVとディーゼルターボの2タイプが展開される可能性が高く、今から高い注目を集めている。

SUBARU 新型WRX S4、公道初乗りインプレッション

wrx s4

[写真タップで拡大]

プロトタイプ試乗を1月号でお届けしたWRX S4だが、ようやく公道試乗の機会が巡ってきた。スバルのハイパフォーマンス4WDの旗頭となるスポーツセダン、その真価に迫る。ひと昔前にSUBARUが謳った「全天候500マイルツアラー」の理念とも合致しており、スポーツもツーリングも良質な走りが楽しめるモデルとなっている。

気になる走りは!?200km以上走って分かった、新型ノアハイブリッドの実測リポート

新型ノアハイブリッド

[写真タップで拡大]

華やかさは控えめながらも、実のある進化を果たした新型ノア&ヴォクシー。最新のパワートレーンや運転支援機能が投入されたことで、走りに関しても大きくジャンプアップしたのは間違いない。今回はリアルワールドでそのあたりの実力を確認した。

新車販売の主戦場に新型EV続々参戦!国内外の注目SUVモデル5台を試乗

BEV

[写真タップで拡大]

EV(電気自動車)の存在感がいよいよ大きくなってきて、新車も続々と登場している。そして、その多くを占めるモデルがSUVだ。”アツい”ジャンルのニューモデル市場をまとめてお届けしている。

その他企画もてんこ盛り!

そのほか、「X氏の値引きにチャレンジ大作戦」や「国産全車+人気輸入車の値引きアルバム」、「名車探訪(ホンダ S2000)など目玉企画目白押しでお届けします。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報