新型車GRカローラが北米で世界初披露

GRスポーツ(北米仕様・プロトタイプ)

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、米国カリフォルニア州ロングビーチにて現地時間3月31日、新型車GRカローラを世界初披露した。日本での発売は2022年後半を予定しているという。発表された詳細をお届けする。

●文/まとめ:月刊自家用車編集部

5ドア・5人乗り採用で日常使いでの利便性も高い

カローラは、トヨタのWRC初優勝を飾った「TE25カローラ」や、その後1000湖ラリーを制した「カローラ・レビン」など、「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」の礎を築き、その走りで多くのユーザーに支持されてきた。今回、「ユーザーを虜にするカローラを取り戻したい!」との社長の豊田章男氏の強い思いで、GRカローラの開発が始まった。

[写真タップで拡大]

開発にあたり、レースで勝つために鍛えたクルマを市販化するという、「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」を実践。具体的には、豊田氏自らドライバーとして出走する、「水素エンジンカローラによるスーパー耐久シリーズ参戦」を通じ、レースという極限の環境下で新技術である水素エンジンを鍛えるとともに、車両を総合的に鍛え直している。また、様々なシーンで安心して走りが楽しめるよう、サーキットはもちろん、負荷の高いダートや雪道においても走り込みを実施。マスタードライバーである豊田氏や、レーシングドライバーの石浦宏明選手、全日本ラリーチャンピオンである勝田範彦選手、社内の評価ドライバーなど、様々な目線を持つドライバーよって徹底的に走り込み、作られている

GRカローラにはGRヤリスにも搭載した1.6L直列3気筒インタークーラーターボエンジンを更に強化して搭載し、最高出力224kW(304PS)を達成。同じくGRヤリスに搭載されたスポーツ4WDシステムGR-FOURをGRカローラ仕様に最適化して搭載するなど、限界領域でも安心・安全にコントロールできるクルマへと仕上げられている。

また、カローラスポーツのボディを基本骨格とすることで、ロングホイールベースが生み出す高速安定性を受け継ぎながら、フロントを60mm、リヤを85mmワイドトレッド化することにより高い旋回性能を実現。意のままのスポーツ走行を安心して楽しめるよう工夫されている。加えて、5ドア・5人乗りの利便性をそのままにすることで、日常生活での使い勝手と走る楽しさを高次元で両立している。

1966年に初代カローラが誕生して以降、カローラは時代と共に変わりゆくユーザーのライフスタイルに応えるよう、セダンやワゴン、ハッチバックやSUVなど様々な進化を遂げてきた。走り・機能性を凝縮したスポーツカーとして今回、GRカローラがラインナップに加わり、カローラシリーズは進化し続けてくこととなるだろう。

機能美として昇華されたモータースポーツ起点のデザイン

外装

基本骨格としたカローラスポーツと比較し、フロントフェンダーを片側20mm、リヤフェンダーを片側30mm拡大。ワイドなスタンスで、野性味のある走りを予感させる。 [写真タップで拡大]

マフラー

1.6L直列3気筒インタークーラーターボエンジンを更に高出力化するため生まれた3本出しマフラーが、GRカローラならではの力強くスポーティーなリヤビューを強調。 [写真タップで拡大]

室内

インパネ

ショートストロークのシフトレバーを採用し、ステアリングから自然に腕を下した位置に配置することで素早いシフト操作を可能にしている。ドリフト走行など限界域での車両コントロール用途を視野に、パーキングブレーキには手引き式を採用。 [写真タップで拡大]

GRヤリスから進化を遂げた1.6L直列3気筒インタークーラーターボエンジン

GRヤリスに搭載された小型軽量ハイパワーユニットの更なる高出力化を目指し、エンジンの排気効率を向上。バルブ付き3本出しマフラーを採用することにより、排圧低減と消音性能を両立させた。圧倒的な加速と気持ち良い回転数の伸びがより感じられるエンジンに仕上げている。 [写真タップで拡大]

ワイドトレッド×ロングホイールベースによる優れた走行安定・コントロール性能

[写真タップで拡大]

カローラスポーツのボディを基本骨格とし、ロングホイールベースによる優れた走行安定性はそのままに、フロントを60mm、リヤを85mmワイドトレッド化することにより、高速旋回性能を高めた。スポーツ走行時の安定性・コントロール性が大幅に向上し、限界域での走りを意のままに安心して楽しめる。

鍛え抜かれたスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」と高剛性ボディ

[写真タップで拡大]

GRヤリスと同様、電子式多板クラッチによる前後駆動力可変システム採用のスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を搭載。今回、駆動配分を制御する4WDモードと、アクセル応答性やステアリングなどを制御するドライブモードを分けたことで、ドライバーの好みや走行環境に応じた選択を可能にした。さらに、ブッシュのピロボール化、スプリング、アブソーバー、アライメントの最適化にも取り組み、余すところなくGR-FOURの最適駆動力配分を路面に伝達。圧倒的な旋回性能を実現している。

安定した制動力とコントロール性を実現する対向キャリパーブレーキを搭載。サーキット走行を安心して楽しめる。 [写真タップで拡大]

新型車GRカローラ(北米仕様)の主な諸元(開発目標値)

全長 (mm)4410
全幅(mm)1850
全高(mm)1480(ルーフ高は1455)
ホイールベース(mm)2640
トレッド前(mm)1590
トレッド後(mm)1620
乗車定員5
車両重量(kg)1475
エンジン1.6L直列3気筒インタークーラーターボ
型式G16E-GTS
内径×行程(mm)87.5×89.7
総排気量(L)1618
圧縮比10.5
最高出力224kW[304PS]/6500rpm
最大トルク370N・m[37.7kgf・m]/3000〜5550rpm


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報