ホンダ フリード・ファミリーからレジャーまで、マルチに使える万能ミニバン【国産車カタログ】

●文/まとめ:月刊自家用車編集部(ハラ)

【プロフィール】フィットの優れたユーティリティを継承

HONDA
フリード
2016年9月

価格帯:188万〜272万8200円(2016年9月当時)

全長4.3m弱のコンパクトなボディに3列のシートを装着するコンパクトミニバン。ベースとなったのは先代フィットだが、ゆとりのキャビン設計とアレンジ性に富んだ2列目&3列目シート、実用装備を充実させることで、サイズ以上のユーティリティ性を持つ。セカンドキャプテンシート(6名乗り車)も選択できるなど、後席乗員の居心地の良さが向上していることも大きな特徴だ。

パワートレーンは1.5ℓガソリンと1.5ℓハイブリッド(i-DCD)の2タイプを設定。トランスミッションはガソリン車はCVT、ハイブリッド車はモーター機構を組み込んだ7速DCTの組み合わせ。デビュー当初は安全運転支援機能のホンダセンシングはグレード別設定としていたが、2019年のマイナーチェンジ時に全グレード標準設定となっている。

3列シート仕様のフリード(6名乗り/7名乗り)のほか、別モデルとして2列シート仕様のフリード+(フリードプラス)を選択することも可能だ。

パッと見はコンパクトハッチとさほど変わらないが、全高が高く取られてることがミニバンらしさを物語る。全長☓全幅☓全高は4265☓1695☓1710~30mm(後期型の数字)。ホイールベースは2740mm。写真は標準ボディ車。 [写真タップで拡大]

取材車は後期型のクロスター。 [写真タップで拡大]

サードシートの足元は手狭感があるが、シート自体の造りはしっかりとしている。 [写真タップで拡大]

【モデル変遷&グレード体系】専用サス&エアロでスポーティさを追求したモデューロXも用意

デビュー1年を経過した2017年12月に、専用のサスペンション&エアロパーツを装着するModulo X(モデューロX)を追加設定。

2019年10月にマイナーチェンジを実施。フードやグリル、バンパーやロアグリルの形状変更を伴うフェイスリフトのほか、シート&木目調パネルの意匠変更が図られている。ホンダセンシングも全グレードに標準装着されたほか、新規設定グレードとして外装デザインをSUV風に仕上げたクロスターも追加された。同時にホンダセンシングも全グレードに標準装着されている。

2020年5月にはモデューロXもマイナーチェンジを実施している。

左が前期型(2016年〜)。右が後期型(2019年〜)。 [写真タップで拡大]

後期型から追加されたクロスター。専用フロントグリルやバンパー、ルーフレールなどを装着することでSUVライクな風貌に仕上げている。 [写真タップで拡大]

専用のサスチューン&内外装で仕上げられたモデューロX。2020年からの後期型はより精悍なフロントマスクが与えられている。 [写真タップで拡大]

【試乗インプレ】標準車は穏やかな味付け。1ランク上を求めるならばモデューロXのハイブリッド車がベストバイ

ミニバンゆえに見た目の大きさよりも車両重量は嵩む(FF車で1400kg〜)が、本格的なハイブリッド車が用意されたこともあって、ハイブリッド車の燃費はなかなか優秀。デビュー当初の初期型でもハイブリッド車はJC08モード燃費で27.2km/ℓ(FF車)と他社のコンパクトモデルに匹敵する性能を持つ。

乗り心地は大きなストロークで路面辺りを巧みにいなす、タウンカーらしい穏やかな味付け。高速走行時などでは横風に少し弱さを見せることもあるが、ホンダセンシングに備わるLKASのおかげもあって、ロングドライブを苦にしない。ちなみに専用サスと空力性に富んだエアロパーツで仕上げられているモデューロXは、高速域での安定性も大きく向上するメリットを持つ。多少価格は上がってしまうが、走りの質感を重視するユーザーにとってはモデューロXを選ぶ意味は十分にある。

パワートレーンは、ガソリン車もハイブリッド車も登坂路ではもう少しパワーが欲しくなる。おおよそ40万円ほどの価格差はあるが、モーターアシストが加わるハイブリッド車を選ぶのがいい。

ハイブリッド車は1.5ℓ直4(110PS/13.7kg・m)+モーター(22kW/160Nm)の組み合わせ。ハイブリッド車の方が、燃費と動力性能は余裕を実感できる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報