ナビ&ドラレコ連携モデルがじわりと人気沸騰中

ナビ:CN-F1X10BHD

「カーナビ」と「ドライブレコーダー」の同時購入を考えているのならば、連携機能搭載モデルがオススメだ。なぜならドラレコの記録映像再生や各種の設定操作を、液晶が大きなカーナビのタッチパネルディスプレイで快適に行えるからだ。

●文:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

ストラーダ F1X PREMIUM10×CA-DR03HTD

ドライブレコーダー「CA-DR03HTD」はHDディスプレイを搭載した最新型ストラーダ専用連携モデル。注目は精細な映像出力ができることで、「CN-F1X PREMIUM10」とのセットでは10型有機ELディスプレイの大画面&超高画質で記録映像を再生することができる。

フロントカメラはブラケット一体型でスマートに取り付けられる。サイズもコンパクト。 [写真タップで拡大]

リヤカメラはフロントカメラと同じ形状。色付きガラスの影響を受けず明るく撮影できる。 [写真タップで拡大]

高感度な1/2.7型CMOSイメージセンサーとF1.4の明るいレンズ、明暗差を自動補正するHDR機能で夜間も鮮明な撮影が可能だ。駐車中に振動を検知して作動する駐車録画も備えている。各種の設定操作はナビ画面上で快適に行えるのも特長だ。

タッチパネルで内蔵機能のように設定操作が行えるだけでなく、地図上のアイコンに触れるだけで手動録画や写真撮影、リヤカメラ映像表示などが可能だ。

このほかリヤカメラをルームミラー代わりに使える「ワンタッチ後方ビュー」、バックカメラ代わりに使える「リバース後方ビュー」なども搭載している。連携モデルの利点がふんだんに盛り込まれた内容と言えるだろう。

前後カメラの映像とともに記録場所の地図を表示できる。速度と加速度もグラフで示す [写真タップで拡大]

前後カメラの映像とともに記録場所の地図を表示できる。速度と加速度もグラフで示す [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報