最新ナビに、ドラレコやETC2.0車載器を組み合わせると更に安全・安心が向上!いま注目のオプションユニット【パナソニック】

【Panasonic】
F1X PREMIUM10 CN-F1X10BHD
価格:オープン(実勢価格:22万円前後)

▲CN-F1X10BHDは10型大画面でありながらも470車種以上に装着OK。人気急上昇中の1台。

ストラーダのフラッグシップ「CN-F1X10BHD」は業界トップレベルの高性能を誇るが、オプションユニットを追加することでさらに頼りになる存在となる。今回は「2カメラ型ドライブレコーダーCA-DR03HTD」と「ETC2.0車載器CY-ET2500VD」との組み合わせで実現する機能を詳しく紹介しよう。

●文/写真:浜先秀彰 ●まとめ:月刊自家用車編集部

同メーカーだからこその使い勝手の良さ

CA-DR03HTDはHDディスプレイ搭載の最新ストラーダと連携する専用ドライブレコーダー。薄型ボディに前/後カメラを組みわせた3ピースタイプで、本体はセンターコンソール脇などに装着し、カメラはフロント/リヤガラスに貼り付けられる。

フロントカメラ|ドライブレコーダー

フロントカメラはルームミラー裏に装着。装着車に合わせて最適な角度にセットできる。 [写真タップで拡大]

リヤカメラ|ドライブレコーダー

リヤカメラはリヤガラス上方に装着。熱線の上に貼り付けないようテープは分割型を採用。 [写真タップで拡大]

本体

スリムな形状の本体はセンターコンソール脇やグローブボックス脇などに装着できる。 [写真タップで拡大]

マイクロSDカード

前後カメラともフルHD画質で撮影。記録データは付属のマイクロSDカードに収録される。 [写真タップで拡大]

いちばんの注目は高精細なHDディスプレイに合わせた映像出力が行えること。10型有機ELディスプレイの大画面&超高画質で記録映像をHD画質で再生。記録解像度は2カメラとも1920×1080のフルHD画質で、高感度な1/2.7型CMOSセンサー、F1.4の明るいレンズ、明暗差を自動補正するHDRによって夜間も驚くほど鮮明な撮影を可能としている。しかもGPSデータを基に撮影場所の地図や速度グラフを表示し、Gセンサーデータを基に加速度グラフも表示。

フロントカメラ映像

[写真タップで拡大]

【日中/フロント】
HD画質再生ならではの高画質。前方車両のナンバーも読み取れる。

リヤカメラ映像

[写真タップで拡大]

【日中/リヤ】
プライバシーガラスやスモークフィルムなどの影響を受けにくく明るく映す。逆光にも強い。

夜間映像

[写真タップで拡大]

【夜間/フロント・リヤ】
高感度なうえに明るいレンズを組み合わせ、夜間も鮮明な記録。

各種の設定操作はナビのメニューから行え、まるで内蔵機能のような使い心地。項目にタッチするだけで好みの設定が行える。

このほか駐車中に振動を検知して作動する「駐車録画」や、走行中に任意に後方映像を見られる「ワンタッチ後方ビュー」、シフトレバーを「R」レンジに入れるとガイドライン付きの車両後方映像に切り替わる「リバース後方ビュー」など便利な機能を数多く備えている。

タッチ操作

[写真タップで拡大]

撮影場所の地図とともに前後の記録映像を表示。タッチ操作で表示パターンを変更する。

昨日の呼び出し

[写真タップで拡大]

AVソース選択と同様にドライブレコーダー関連の機能が呼び出せる。使い勝手抜群だ。

車上荒らし|当て逃げ

[写真タップで拡大]

駐車中に振動を検知すると自動的に録画を開始。車上荒らしや当て逃げ対策に効果的。

高速道路料金決済だけでなく、ドライブに役立つ多くの情報を取得

etc2.0

本体は薄型で取り付け場所に迷わない。デモカーはセンターコンソール脇に装着していた。 [写真タップで拡大]

アンテナ

アンテナはフロントガラスに装着。ETC2.0と高度化光ビーコンの情報を取得できる。 [写真タップで拡大]

最新型ストラーダとの連携機能を搭載。2ピース構成で、本体はセンターコンソール脇などに装着し、アンテナユニットはフロントガラスに貼り付ける。

ETC2.0は従来からのETCと同様に高速道路料金の決済を無線で行えるだけでなく、最大約1000㎞の広域交通情報を受信して渋滞回避ルート探索を行ったり、道路上の障害などをいち早く知らせる運転支援情報の表示が行える。圏央道や新湘南バイパスなどでは「ETC2.0限定割引」も実施中だ。

そしてこのモデルでは高度化光ビーコンの受信ができ、画面上のアイコンで直近の信号を青信号で通過できることを知らせたり、赤信号に合わせての減速も促す。赤信号から青信号への切り替わりの残り時間もカウントダウンする。これらを利用すれば都市部でより効率の良いスムーズな走りができるだろう。

一般道の前方30㎞、後方1㎞の渋滞情報や所要時間情報、駐車場情報を簡易図形やアイコンで知らせてくれるのも親切。

光ビーコン

[写真タップで拡大]

高度化光ビーコンで受信した直近の信号情報は画面左上にアイコンで示されている。

広域交通情報

[写真タップで拡大]

最大約1000㎞の広域交通情報が得られる。高速道路利用のロングドライブで役立つ。

カード

[写真タップで拡大]

一般的なETC車載器と同様、道路料金の決済機能を持つ。LEDランプで動作確認可能だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

月刊自家用車WEB - 厳選クルマ情報